次期MacBook Pro Retinaの13インチモデルはさらに薄型化?!非RetinaモデルはCPUのアップデートを見送り?!

Macbook retina
【img via 2013 Retina Macbook Pro by jtjdt

WWDC2013まで残すところ約1週間!直前のリークが楽しみだ!

Apple製品の予想的中率に関しては定評のあるKGI SecuritiesアナリストMing-Chi Kuo氏によると、WWDC2013で発表される次期MacBook Pro Retinaの13インチモデルは現行モデルよりも薄型化され、フルHDに対応したFaceTimeカメラを搭載すると予想している。

また、次期MacBook Airに関しては現行のMacBook Proに採用されているデュアルマイクを搭載するとコメントしている。僕らの期待しているRetinaディスプレイはやはり実現されないのだろうか…。

非RetinaのMacBook ProはHaswell見送り?

同氏によると、次期MacBook Pro Retinaの13インチモデルはよりポータブルであることを強調するために現行モデルよりさらに薄型化されるそうだ。FaceTimeカメラも強化され、フルHDにも対応するとのこと。提供されるすべてのデバイスで高画質映像でFaceTimeが可能になるようだ。

残念ながらMacBook AirのRetinaディスプレイ搭載に関して新しい情報はない。次期モデルに搭載すると言われているデュアルマイクはVoIPやFaceTimeを利用する際の音質を向上するために使われるそうだ。ハッキリ言ってどうでもいい。

今回、WWDCで発表されるMacBookシリーズはIntel製の「Haswell」を搭載するということで間違いなさそうだが、Kuo氏によると最新チップにアップグレードするのはMacBook Pro RetinaモデルとMacBook Airのみだと予想している。つまり、非RetinaのMacBook Proは少なくともCPUのアップデートは見送られる可能性が高そうだ。

非RetinaのMacBook Proが今回のWWDCを持って生産終了になることはないかもしれない。ただ、光学ドライブを搭載する必要性が年々薄れているため、将来的には販売停止するのではないだろうか。

Kuo氏の情報が正しいとすれば、今後、MacBook ProとMacBook Airとの違いはRetinaディスプレイの有無だけになりそうな予感がする。もしかしたら今回発表される13インチRetinaモデルが一番熱いかもしれない?!

(via AppleInsider