モバイル関連特許、結局どこが一番所有しているの?

最近、モバイル業界ではサービスそのものよりも話題になっているのが、特許侵害GoogleがMotorolaを買収したり、HTCがAppleを訴えたり、挙げたらキリがないが、結局のところモバイル関連特許をどこが一番所有しているのかを9to5Macがまとめていたので、紹介する。


下記が1993年〜2011年の間に各メーカーが認可された特許の数をまとめたグラフである。
特許

【img via GigaOM

字が小さくて見えないかもしれないが、SamsungとNokiaが1位、2位を取っていて、最近Googleに買収されたMotorolaはSonyに続いて8位にランクインしている。特許戦争の勝率が比較的高そうに見えるAppleはなんと31位、そしてそのAppleに対して強気の姿勢を貫いているHTCは38位だそうだ。下から数えた方が早い…。

ジャンル別で各メーカーの特許数をみた時のランキングがこちら。
特許
【img via 9to5Mac

OEM別で見ると、NokiaMotorolaRIMHPが上位に入っている。逆に言えば、全体で見てもジャンル別に見ても上位にいるMotorolaの買収が特許戦争においてGoogleが有利にならないことはない。有利になる、と断言できないのは、下から数えた方が早そうなAppleがこれだけ裁判に勝ち続けているから。結局は、量より質なのかもしれない。

(via 9to5Mac

関連キーワード
公開情報
更新日2013年03月30日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「モバイル」新着記事
トレンド検索