携帯キャリア3社、25歳以下を対象に50GBの追加データ容量を無償提供へ

iPhoneやiPadなどを使ってオンライン学習を行っている学生向けの措置

Igor starkov s4GL0XwPSIU unsplash tablet learning

ドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)の携帯キャリア3社は4月3日、25歳以下を対象に50GBの追加データ容量を無償提供すると発表した。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、学生の遠隔授業やオンライン学習を支援することが目的だ。

各社の発表内容は以下の通り。

  • ドコモ:2020年4月1日(水)時点の契約者または利用者の年齢が25歳以下かつ、対象プランを契約しているユーザーを対象に、2020年4月および5月ご利用分の「スピードモード」ならびに「1GB追加オプション」を、50GBを上限に無償化。
  • au:2020年4月1日から2020年4月30日までの間、25歳以下のユーザーを対象に、データ定額サービス/料金プランでの月間データ容量超過後にデータチャージされた利用分のうち、50GB分までの利用料金およびテザリングオプション利用料を無償化。
  • ソフトバンク(ワイモバイル):25歳以下の個人を対象に、追加データの購入料金を最大50GBまで無償化。テザリングオプションの利用料金を無償化。

注意点としては、各社で実施機関が異なること。ドコモは5月31日まで、auおよびソフトバンクは4月30日まで。

詳細は各社の発表からどうぞ。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「タブレット」新着記事
トレンド検索