ビルボード、アルバムランキングにYouTube含む動画ストリーミングの再生数をカウントへ

音楽ストリーミングは5年前にランキング要因として追加されている

Szabo viktor 1142910 unsplash youtube

Billboard(ビルボード)は来年以降、アルバムチャートにYouTubeを含む動画ストリーミングサービス上で確認された再生数をカウントする方針を発表した。対象となるサービスにはApple、Spotify、Tidal、Vevoなどが含まれ2020年1月18日のランキングから適用される。

一般的に音楽業界においてはBillboardのランキングは成功のバロメーターであると見られている。

これまで楽曲単位のランキングには動画ストリーミングサービスの再生数はカウントされてきたが、アルバムではなぜか見送られてきた。音楽ストリーミングサービスは5年前からカウントされるようになっていた。

なお、Billboardがランキング要因として加味するのはあくまでも公式コンテンツのみ。ファンによるオリジナル動画などはカウントされない。

(Source: The Verge

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「音楽ニュースや関連情報」新着記事
トレンド検索