予算5万円で自宅のMac作業環境を改良!セール対象品から選んでみた【Amazonの初売り】

作業効率の向上、姿勢の改善を目指して、予算内で最高のパフォーマンスを得るためのアイテムをピックアップ

Items to buy under 50000yen

自宅での作業効率を向上するには、作業環境への投資が非常に重要。Amazonの初売りで購入できるM1 MacBook Air/Proユーザーにおすすめの周辺機器は紹介したが、本記事では予算5万円以内で自宅のMac作業環境が改善されるアイテムをピックアップした。買い物の参考にしてもらいたい。

なお現状はMacBook AirまたはMacBook Pro単体で作業しており、自宅内に作業スペースとして机と椅子があることを前提としている。

予算内で作業環境が快適になる5つのアイテムをピックアップ

僕がAmazonの初売りのセール対象商品から選んだ、作業環境を改善するアイテムは以下の5つ。

  • モバイルモニター
  • ノートPCスタンド付きモニターアーム
  • 高性能マウス
  • ワイヤレスキーボード
  • Wi-Fiルーター

MacBook Air/Pro単体で作業するより外部ディスプレイがあったほうが姿勢がよくなり、作業領域が広くなり効率向上が期待できる。モニターアームを使えばデスクスペースを占有せずに済む。

内蔵キーボードとトラックパッドは使用できない作業環境になるため、外付けキーボードとマウスを選出。最後に通信環境を改善するべくWi-Fiルーターをピックアップした。

モバイルモニター、ノートPCスタンド付きモニターアーム

MacBook Air/ProのRetinaディスプレイに合わせるため、解像度は4Kが好ましい。27インチや31インチの外部ディスプレイが理想だが、4K解像度を優先し予算の都合上、モバイルモニターを選択。USB-C端子の搭載、VESAマウントの対応がポイント。MacBook Air/Proからケーブル1本で接続し、モニターアームに設置可能だ。

さらに予算を抑えたい、または4K解像度を必要としていないのであれば、フルHDの21.5インチ型ディスプレイがおすすめ。半分以下の価格で購入できる。

使用するモニターアームは、外部ディスプレイ用アームとノートPCを1つのポールに設置できる製品。MacBook Air/Proを浮かせることでデスクスペースを確保でき、周辺機器の配置やデスクワークがしやすい。作業スペース内で飲食をする場合、机から浮かすことでリスクヘッジにもなる。

高性能マウス

MacBook Air/Proをモニターアームに設置するため、外付けのキーボードとマウスが必要になる。セール対象品で最もおすすめしたいマウスは、MX Master 2

人間工学に基づいたデザインを採用し、長時間の使用でも指先が疲れない。ガラスなどの表面でも精確にトラッキングでき、最大70日の使用が可能。万が一の電池切れでも、3分間で8時間使用できる高速チャージをサポートする。

ワイヤレスキーボード

PFUのHappy Hacking Keyboard(HHKB)もセール対象となっているが、人によって好き嫌いが分かれる可能性もあり、予算的にも大きいため、AnkerのBluetoothワイヤレスキーボードを選出。MacだけではなくWindows、iOS、Androidでも利用できる対応デバイスの広さが魅力。Apple純正のMagic Keyboardに近い打感が得られるため、MacBook Air/Proユーザーは使いやすいだろう。

ただしグローバル仕様の製品であるため、US配列を採用している点は注意が必要。JIS配列であれば、テンキー付きワイヤレスキーボードがセール対象品だ。

Wi-Fiルーター

インターネット速度が向上するだけで、あらゆる作業の効率が上がる。おすすめはLinksysシリーズのWi-Fi6対応ルーター。M1 Macを使用している場合、通信速度が目に見えて向上するだろう。

エントリーモデルだが機能は充実しており、予算に余裕があれば2台目の追加でメッシュネットワークを構築できる。

約5,000円の余裕を持って作業環境の充実化が可能、追加のおすすめ商品

上記製品を購入すると、合計金額は45,092円。フルHDのディスプレイを選んだ場合、さらに1万円浮く計算になる。

Sum for mac workspace

予算を5万円に設定した特別な理由はないが、懐に余裕があれば、以下のAnker製USB-Cハブの購入がおすすめ。

MacBook Air/Proからディスプレイを出力する際にポートを1つ、本体充電用にポートを1つ接続した場合、モデルによっては外部ポートがすべて埋まってしまう。「Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ」を導入すれば、電源ケーブルおよびディスプレイのHDMI端子をUSB-Cハブに接続すれば、USB-Cハブ経由で充電および外部ディスプレイの出力が可能になる。

キーボードおよびマウスを置く用として、デスクマットもおすすめだ。机のサイズに応じて適切なサイズを選ぶと良い。

さらなるデスクまわりの充実化を図るのであれば、iPhone、AirPodsApple Watchを同時に充電できるワイヤレス充電台をおすすめする。この手の製品は正体不明のメーカーから多数出ているが、AUKEY製であれば問題ないだろう。通常のセールに加え25%オフクーポンも発行されており、2,014円で購入できる。

関連情報
更新日2021年01月04日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:593569)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:593539)
    あ、自分年末にモバイルモニター購入しました!まさに記事で紹介されてるヤツです! コンパクトなのに画質が良くて満足です!ただ、スタンド兼カバーははっきり言ってダメです。。スタンドとして使うのは厳しいですね。スマートカバーって作りがしっかりしていると改めて感じます。ただ画質は綺麗だしスリープからの復帰も早い。何よりUSB-Cで給電できるのでMac miniからケーブル一本で使えるのは良いです!

    こちらのモバイルモニター、リンク先のレビューではネイティブ4Kではないとの報告がありますがどうでしょうか?

  2. 通りすがりの読者(コメントID:593539)

    あ、自分年末にモバイルモニター購入しました!まさに記事で紹介されてるヤツです!
    コンパクトなのに画質が良くて満足です!ただ、スタンド兼カバーははっきり言ってダメです。。スタンドとして使うのは厳しいですね。スマートカバーって作りがしっかりしていると改めて感じます。ただ画質は綺麗だしスリープからの復帰も早い。何よりUSB-Cで給電できるのでMac miniからケーブル一本で使えるのは良いです!

「アクセサリー・周辺機器のセール情報」新着記事
トレンド検索