Twitterの新機能「写真のタグ付け」を無効にする方法

Selfie with iPhone

TwitterがFacebookで見慣れた「写真のタグ付け」機能提供開始した。簡単に説明すると、写真に写っている人が誰であるかを指定できる機能である。

最新のiPhoneもしくはAndroidアプリにアップデートするとこの機能を利用できるのだが、実はこの「写真のタグ付け」機能、デフォルトで有効になっている。つまり、赤の他人が勝手に写真にタグ付けることもできてしまうのだ!写真を消さない限りタグ付けは残ってしまうため、Twitterの新機能「写真のタグ付け」を無効にする方法を紹介しておく!

写真のタグ付け機能は「設定」から無効に!

まずはTwitterの公式アプリを開き、一番右のタブある「アカウント」をタップし、ツイート数の表示の下にある設定ボタンのアイコン(2つ並んでいるアイコンの左の方)をタップすると以下のようなメニューが表示されるので、「設定」をタップ。
写真のタグ付けを無効にする方法

アカウント一覧が表示されるはずなので、写真のタグ付けを無効にしたいアカウントを選択。
写真のタグ付けを無効にする方法

下の方にスクロールすると「写真にタグ付けする」という項目があるはず。デフォルト状態では「オン」と右に表示されているはずなので、ここをタップ。
写真のタグ付けを無効にする方法

中に入ると写真のタグ付けをそもそも無効にする選択肢の他、フォローしている人ユーザーに限ってタグ付けができるように設定を調整することも可能。デフォルトでは以下の設定になっているため、誰でも自分を写真の中にタグ付けできるようになっている。
写真のタグ付けを無効にする方法

Facebookならまだしも、匿名性の高いTwitterだと少し怖いと感じる人も少なくないかもしれない。気になる人は今回紹介した方法でTwitterの新機能「写真のタグ付け」を無効にしておくべし!