Twitter、音声チャットルーム機能「スペース」を正式公開

フォロワー数600人以上のユーザー限定

Brett jordan YdHjEwOVomc unsplash

Twitterは5月4日、音声チャットルーム機能「スペース」を正式公開した。フォロワー数600人以上のユーザーであれば利用できる。

スピーカーは最大11人、安全機能などが多数用意

スペースは、複数人が音声のみで会話できる新機能。開設されたスペースには誰でも参加できるが、スピーカーはホストを含む11人が上限になっている。

スピーカーは、スペースのシェア、キャプションの追加、特定ツイートのピン留めが可能だ。ホストには多数の安全機能が用意。スピーカーのマイクを強制的にオフにする機能、スペースから強制退出させる機能、スピーカー全員を同時にミュートする機能などが利用できる。
Viz6 png img fullhd medium

スペース参加者は、他のユーザーをブロックまたは通報できる。またホストがボロックしたユーザーは、スペースに参加できない仕組みになっている。

有料チケット制度、複数ホスト機能なども今後追加予定

スペースはあくまでも初期リリース段階。今度は、有料チケット制度の導入、複数ホスト機能、スペースのスケジュール機能、ブロックラベルや警告の追加、キャプション機能の強化を予定している。
Twitter Spaces tickets

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索