ジャック・ドーシー、TwitterのCEOを退任 後任はCTO

2022年5月頃まで取締役会には留まるが、その後はTwitterから完全に離れる意向

Jack Dorsey CEO of twitter 01

Twitter共同創業者のJack Dorsey氏が11月30日、CEO退任を発表した。後任はCTOのPrag Agrawal氏が務める。すでにCEOは交代しており、引き継ぎのために2022年5月までに取締役には留まる。任期満了後はTwitterから完全に離れるという。

Jack Dorsey氏は、退職理由などを述べた社内メールを、「世界で最も透明性のある会社であることを願う」と添えてTwitterで公開。退任は自分の決断であり、会社が創業者から離れる準備が整ったとの判断があったと説明している。またPrag Agrawal氏を深く信頼しており、CEOとして適任であることを熱く語っている。

Jack Dorsey氏はSquareのCEOも兼務。TwitterのCEO退任後も引き続きCEOを務める。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2021年11月30日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索