Apple-Watch-Series-2-Review-04.jpg

Apple Watch Series 2 ステンレススチールケース レビュー

gorime-bar-onecolumn ようやく”使える” ーー 初代「Apple Watch」の本来あるべき姿

iPhone 7」「iPhone 7 Plus」と同時期に発表された「Apple Watch Series 2」。初代「Apple Watch」は完全に消え去り、内部仕様がどちらもアップデートされ、キビキビ動作する新しい「Apple Watch」が店頭に並ぶ。

僕は「Apple Watch」を購入して以来、文句を垂れ流しつつも毎日付けて生活している。だからこそ、最新モデルは買わずにいられなかった。


今回、僕は「Apple Watch Series 2」のスペースブラックステンレススチールケース(42mm)とブラックスポーツバンドモデルを購入した。相変わらず分かりづらい「Apple Watch」のネーミングだが、要は最新モデルの高い、黒いモデルを買ったということ。

既にかれこれ1週間以上身に付けてともに生活しているので、その使用感や感想、そして「買い」なのかについて解説する!

最新モデルは初代モデルから何が変わった?

Apple Watch Series 2 Review
そもそも「Apple Watch Series 2」は初代「Apple Watch」から何が変わったのか。進化したポイントを箇条書きでまとめておく。

  • 50メートル防水仕様になり防水性能が向上、水泳中でも使用可能に
  • ディスプレイの明るさが向上し、屋外でも見やすく
  • GPSが搭載され、単体で位置情報のトラッキングが可能に
  • チップ性能が大幅向上、処理性能が50%向上、GPU性能が2倍に向上

初代モデルが発表されてから2年以上経っているが、残念ながら目立った変化は少ない。もしこれがiPhoneだったら大暴動が起きると言っても過言ではないほど代わり映えしないが、それで良いのだ。

なぜなら「Apple Watch Series 2」は本来「Apple Watch」に必要だった要素が揃ったからだ。ようやくスタートラインに立つことができたのだ。

どのようなポイントが進化したのかがざっくり把握できたところで、続いて実際に最新モデルを身に着けて生活してみた感想を紹介する。

動きがヌルヌル!驚くほど操作が滑らかになり快適に

Apple Watch Series 2 Review
「Apple Watch Series 2」に搭載された新しい「S2」チップは処理性能が50%、GPU性能が2倍に向上している。そのためか、初代「Apple Watch」とは比較にならないほどキビキビ動作し、滑らかになった。

チップ性能の向上だけではない。watchOS 3」も「Apple Watch」を劇的に変えてくれた。役に立たなかったサイドボタンをDockに変え、アプリの起動は高速化。まだ蜂の巣のようなアプリ一覧画面は圧倒的に使いづらく、その画面からアプリを起動すると相変わらず待たされるが、「watchOS 2」以前に比べると段違いに良くなった。

個人的に重宝しているのはスクリーンショットの撮影機能をオフにすることができるようになったこと、そしてアクティビティリングを全面的に見せるフェイスが追加されたこと。毎日リングを埋めることに必死になりながら生きている。


電池持ちは大幅改善!普通に使えば2日間持ちそう

Apple Watch Series 2 Review
「Apple Watch Series 2」の電池持ちは初代モデルと同じ18時間という公表値になっているが、体感としては初代モデルの倍近く電池が長持ちになっているという印象がある。

実際、昨日僕は1日中身に付けていてジムでもトレーニングを行い(ただし無酸素運動のみだったので心拍センサーを利用したアクティビティの測定は行っていない)、試しに手首に付けたまま寝て起きたところ、電池残量は45%。

普通に使っていれば2日間充電せずに使うことができそうだ。

50メートル防水/GPS対応したが、活用する機会無し

Watch Lifestyle Swimming PR PRINT
打ち出し方を模索していた初代「Apple Watch」とは異なり、「Apple Watch Series 2」はハッキリとフィットネスや健康機能を強化したという印象が強い

50メートル防水に対応したことに加え、水泳のラップ数なども測定できるアクティビティ項目が追加された。GPSも搭載されたため、iPhoneを持ち歩かずにランニングすれば移動距離や消費カロリーも正確に測定することができる。

「Apple Watch Series 2」の特徴的な機能である防水性能向上とGPSだが、残念ながら僕はどちらも活用できていない。

まず、防水性能に関しては時計を付けたままプールに入ることは多くのフィットネスジムで禁じられている。そもそもそれほど泳がないので活用することができず、風呂に入る時はさすがに外すので未だにスピーカーから水を押し出す機能は試すことができていない。


たまにランニングはするのでGPSは活用できるかと期待していたのだが、iPhoneを持ち歩かずに外出することがないため、結局はiPhoneのGPSが使われ、「Apple Watch」のGPSを活用することができていない。


分厚くなり、重くなり、僕好みになった

Apple Watch Series 2 Review
「Apple Watch Series 2」は初代モデルよりもわずかに厚くなり、重くなった

大きくてゴツくて存在感のある腕時計が好みの僕としてはこの変化はむしろ歓迎しているところだが、人によっては不愉快に感じる人もいるだろう。特に厚みは手に取った瞬間違いがが分かるほど変わっている。たかが1mm以下の変化だが、本体サイズが小さいがゆえに目立つのかもしれない。

ブラックモデルは高級感があり、格好良い

Apple Watch Series 2 Review
初代モデルは通常のステンレススチールモデルを購入したが、今回はブラック/ジェットブラックの「iPhone 7/7 Plus」を購入したこともあり、ブラックステンレススチールモデルを選択。黒い光沢が高級感があり、ブラックでもジェットブラックでも合う。

当初、僕がステンレススチールケースを選んだ理由はステンレススチールバンドと合わせて普通の時計のように使いたいという思いがあったからだったが、今となっては使っているのはスポーツバンドのみ。

フォーマルな場につけていく場合はウーブンナイロンバンドを付けるので、正直アルミニウムケースでも良かったような気がするが、やはりステンレススチールのほうが高級感があるので選んで正解だったと思っている。バンドを手軽に付け替えられるのも「Apple Watch」の魅力だ。


「Apple Watch」はそもそも便利なの?

Apple Watch Series 2 Review
「Apple Watch Series 2」そのものに関しては以上。最新モデルを買うべきか否かに入る前に、そもそも「Apple Watch」そのものはどうなのか、という多くの人が抱いているであろう疑問について答えておく。初代モデルを購入した後に書いたレビュー記事も参考になると思うので、併せてどうぞ!


通知は便利

「Apple Watch」が最も便利だと思う理由の1つは手首で指定したアプリの通知を確認することができるということ。時と場合によっては失礼な身振りとなってしまうため状況を弁える必要があるが、iPhoneをポケットから取り出さずにメールやツイートを手軽に確認できるのは便利だ。

バンドの交換は簡単だが、なんだかんだでスポーツバンドを常用

先程も書いたが、なんだかんだでスポーツバンドを常用してしまっている自分がいる。ブラックモデルはどのような服でも浮くことがないので、安心して付けていられる。

何よりもスポーツバンドの付け心地がとても良い。「MacBook Pro」のパームレストに手首を置いても傷つけることがないのは素晴らしい。

次の予定が一目で分かる便利さ

コンプリケーション(文字盤上に表示できる情報のこと)の設定次第だが、僕はカレンダー情報が画面下に表示されるようにしているため、次の予定が一目で分かる

特に重宝しているのは電車の乗車時間。僕は必ず「Yahoo!乗換案内」が乗る電車を調べてからカレンダーに登録しているのだが、その乗車時刻が掲載されるので乗り遅れを防げる。

音楽プレイヤーの操作が手首からできる

watchOS 3」になってから表示するまでのタップ数が増えてしまったが、「Apple Watch」から再生中の音楽を操作できるのは便利だ。

トレーニング中はもちろんのこと、ワイヤレススピーカーから音楽を再生している時にiPhoneは部屋の一箇所で充電中でポケットにない場合、手首から曲を飛ばしたり音量を下げたりすることができるのは良い。僕自身、過去に何度もイベントの音響で役に立っている。

使えるアプリは相変わらず皆無、操作も改善の余地あり

良いことが多い「Apple Watch」だが、やはり不便だと感じる点もまだまだある。

役に立つサードパーティアプリがまるでない。必要かどうかは別としてAppleのプラットフォームの魅力は様々なアプリから選ぶことができることだと思うので、今後に期待したい。

なお、OSがアップデートされ性能が向上したチップが搭載され、アプリの起動も素早くなったが、基本的には接続しているiPhoneと通信することには変わりなく、情報の更新には時間が掛かる。将来的にはLTE通信対応モデルが登場すると噂されているので、チップ性能の向上と合わせて通信方式の変更に期待したい。

画面の点灯は相変わらずダメ!せめて時間は常時確認可能にして欲しい

「Apple Watch」はフィットネスバンドではなく、スマートウォッチのはず。正確な時間を表示できることも魅力の1つだが、画面が点灯しないことがあまりにも多すぎる。画面が明るくなりより屋外でも見やすくなったはずだが、そもそも点灯しなければ意味がない。

手首を上げると画面が点灯する機能はとても便利で格好良いので、せめて時間をいつでも確認できる電池消費の少ない技術を採用してもらいたいところ。

「Apple Watch」は買うべきなのか?!

Apple Watch Series 2 Gori
最後にまとめ。「Apple Watch 2」は「買い」なのか。

結論から言うと、今の「Apple Watch」であれば買っても良いと思っている。今回僕が購入したのは50メートルやGPSに対応している約5.5万円もする高価なモデルだが、僕のように買ってみたものの50メートル防水もGPSも使わないというのが予め分かっているのであれば「Series 2」と同時に発表された「Series 1」でも良いかもしれない。

詳しい比較は下記記事を参考にどうぞ!


「Apple Watch Series 2」は本来、初代「Apple Watch」があるべき姿だ。革新的な新機能は搭載されていないが、「Apple Watch」そのものにストレスを感じる機会が格段に減った。

macOS Sierra」との組み合わせで利用できる「オートログイン」機能も便利で、10月中にはFeliCa関連機能が利用可能になる。これらに慣れると「Apple Watch」無しの生活には戻れなくなるだろう。気付いたら生活の中に入り込んでいるのだ。


僕は初代モデルの時点でアクティビティリングを埋めることに必死になり健康的になった。「そろそろ立つ時間ですよ」と言われれば立つし、内心バカにしていた「呼吸」機能で深呼吸をするよう通知が来るとついついやってしまう。結果的に仕事の調子も良くなり集中力も回復するのだから、「Apple Watch」には本当にお世話になっている。

ようやく”使える”デバイスになった「Apple Watch」。運動をバリバリしたい人は「Series 2」を、それほど運動には興味がないが「Apple Watch」に興味があるという人は「Series 1」を検討するべし!

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!



オススメ
Apple-Watch-Series-2-Review-04.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. Pakutaso-Beer-Sake-Girl.jpg
    お酒のカロリーと糖質ランキングが公開!ハイボールは優秀、ビールはNG
  3. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法