「Apple Pay」の国内サービス開始時期、早ければ2016年9〜10月か?!

Apple-Pay.png
先日、ついに国内でも「Apple Pay」が利用可能になると報じられた。当初は2017年までにサービス開始と言われていたが、その後年内までに実現する可能性があることが明らかになった。


そしてさらに最新の情報ではその開始時期が早まっている。Engadget Japaneseによると、「Apple Pay」の国内サービス開始時期は早ければ2016年9〜10月になる可能性があると報じている!

iPhone 7」とともに発表し、翌月にサービス開始か

情報元によると既に2016年初旬の時点で国内における決済事業者は2016年内までにサービスを開始することが「ほぼ公然の”約束”」のようになっていた模様。現在はその約束を守るために各所が準備をスピードアップしているようだ。

今のところ関係者は国内サービス開始時期として「秋」を目指しているようで、具体的には発表を9月の「iPhone 7」に行い、ローンチを翌月の10月に行われると予想される。これは2014年、「iPhone 6」と供に初めて発表された「Apple Pay」の時の流れと同じ。実際にサービスが開始されたのも翌月10月だった


ローンチ時期が明確にならない理由は、「Apple Pay」を利用可能にするにあたって必要とする準備が膨大だからだ。銀行やカード会社、決済処理サービス会社など決済に関係する事業者側の準備、そして決済端末の準備など導入店舗側の準備。

さらにはラスボスとしてAppleがいる。国内の準備状況が芳しくない場合、サービス開始に見送りを求められる可能性は十分にある。記事を執筆した鈴木淳也氏曰く、その決断は6〜7月頃に下されると予想している。

国内における各社の動きは意外と遅いらしく、決済側は進んでいるものの実際にユーザーが向かう小売店側の動きが鈍いようだ。よって、ローンチ後、すぐにSuicaに取って代わる存在にはならないとは思われるが、リリース時にAppleが認める規模感で利用可能になっている必要はあるため、コンビニや一部自販機にはサービス開始早々対応していることを期待したい。

詳しいレポートはEngadget Japaneseからどうぞ!

(via Engadget Japaneseか)

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法