Apple、Apple Arcadeの早期アクセスプログラムを従業員に提供

まだサービス利用料は不明、最初の1ヶ月は無料で楽しむことができるトライアル期間が用意されている模様

Apple introduces apple arcade apple tv ipad pro iphone xs macbook pro 03252019

Appleは、自社従業員を対象として、ゲームの定額課金サービス「Apple Arcade」の早期アクセスプログラムを提供していることが分かった。

早期アクセスプログラムを利用するためには月額49セント(約50円)を支払う仕組みとなっていて、最初の1ヶ月は無料トライアルが用意されているとのこと。同プログラムは「iOS 13」の正式リリースまで提供されるとのこと。

言うまでもなくサービスが正式リリースされる時に約50円で利用できるとは考えづらく、あくまでも課金の仕組みなどを含めて確認するためのテスト用価格である可能性が高い。現時点で正式なサービス利用料は明らかになっていない。

Apple Arcade Internal testing
【image via 従業員が利用できる早期アクセスプログラムのスクショ = 9to5Mac】

ゲームのダウンロードは1クリックで完了し、App Storeからアプリをダウンロードする体験と変わらない模様。

「Apple Arcade」は今年3月に開催されたスペシャルイベントで発表され、今秋正式リリース予定。対象ゲームは100本以上でスタートする見通しで、すべてのゲームはオフラインでプレイ対応、iPhoneやiPad、Macなどのデバイスをサポートする。日本でもサービスが提供される。

(Source: 9to5Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索