Instagram、「3D Touch」と「Apple Pay」を利用した広告をテスト中

Instagram Advertisement in Japan 01
今年5月から国内でも配信開始するようになって以来、Instagramでスポンサード投稿を見かける機会が少しずつ増えてきた。メッセージ性のある写真を投稿し、タイムラインから商品の購入やアプリのインストールを可能にしている。

これまでは気になる広告が流れてきた場合は都度リンクをタップする必要があったが、最新のiPhoneを使用している人はその手間が省けるようだ。Digidayによると、Instagramは「3D Touch」と「Apple Pay」を利用した広告をテストしていると報じている!

「3D Touch」で複数の広告商品を確認できる便利さ

スポンサード投稿に「3D Touch」を組み合わせることによって1つではなく複数の選択肢を提示可能になる。例えば服のブランドであれば「強タップ」することによって同じブランドの別の服が確認できるようになるそうだ。

さらに、「Apple Pay」を組み合わせることによってSafariを立ち上げブランドサイトに飛ぶことなく、Instagram内で購入まで完結する。同一画面で全ての操作を行う仕組みを提供することによって離脱率を抑える効果は期待できそうだ。

Instagram ads 【image via MacRumors

Instagramは今年9月時点で月間アクティブユーザー数(MAU)が4億人を突破したことを明らかにしている。これはTwitterに大差、Pinterestを大幅に上回るMAUとなっている。


先日、Instagramがアメリカの10代に最も人気のあるSNSであるとThe Wall Street Journalが報じていたことからも分かる通り、若年層を中心に多くのユーザーが集うプラットフォームになった。ユーザーが集うところには企業が集う。多数のブランドがInstagramに高い関心を寄せているのも納得できる。

(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法