「Moto 360」、現地時間9月4日(木)に発表へ!

Moto 360 press event
実機を見たらより一層欲しくなった「Moto 360」。機能性や使い勝手はともかく、単純に見た目が格好良い。ガジェットは見た目だけでは判断してはいけないとは思いつつも、見た目を考慮しないガジェットの方が多い中、他とは何かが違う光るものがあったように僕には感じられた。


そのオシャレ「Android Wear」対応ウェアラブルガジェットがついに発表される!TechCrunchによると、Moto 360」は現地時間9月4日(木)に開催されるプレスイベントで発表されるかもしれないと報じている!

「Moto 360」のほか、「Moto X」や「Moto G」の最新モデルも

現在、各メディア宛に9月4日に開催されるプレスイベントの招待状が届いている模様。中央にあるパックンには「X」と書かれたスマートフォン、時計、「G」と書かれたスマートフォン、そして何かしらのイヤピース型ガジェットがそれぞれアイコンで描かれている。このことから、「Moto 360」のほか、「Moto X」や「Moto G」の最新モデルなどが当日発表されるのではないかと思われる。

「Moto 360」はその”ガジェット感のない”円形デザインが大きな注目を浴びているが、ついに正式発表されるとなると気になるのはその価格。以前の情報では価格は「LG G Watch」や「Samsung Gear Live」の2倍にまでなると言われていたが、いくら格好良くても腕時計型ガジェットに5万円弱を払う人は限られている。

さらに言うと、搭載している円形型ディスプレイはなんと残念なことに画面すべてを使うことができるわけではない。画面の下の方は黒く塗りつぶされていてディスプレイとして使用することができない。これはつまり「Moto 360」ではなく、「Moto 270」と呼ばれてもおかしくない。360度表示できていないのだから。

ガジェット好きにとっては注目のデバイスではあるが、世間からはどのような反応になるだろうか。現地時間9月4日(木)の発表が楽しみだ!


以下にTechCrunchによる「Moto 360」のハンズオン動画を載せておく!


(via TechCrunch

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー