【非公式】斜め上すぎてもはや意味不明!画面が広がる「iPhone 7」のコンセプトムービーが話題

Strange iphone7 concept movie
ここ最近公開されていた「iPhone 7」のコンセプトイメージやコンセプトムービーはこれまで報じられてきた噂を反映したものが多く、それほどぶっ飛んだものはなかった。どちらかと言うと現実路線で実際に発表されても不思議ではないようなものが多かった。


今回紹介するのは久しぶりにぶっ飛んだコンセプトムービーだ。上記の通り、パッと見た感じでは「iPhone 6」を「Galaxy S7 Edge」風にしたようなデザイン。それであれば過去にも似たようなコンセプトイメージが公開されていたが、今回のコンセプトムービーはなんと画面サイがズ拡大・縮小可能なのだ!斜め上すぎて意味不明すぎる!どうぞご覧あれ!

ぶっ飛びすぎて思わず笑ってしまう意味不明コンセプト

音量ボタンは湾曲した画面の側面に配置され、カーボンファイバー製のアームを利用してディスプレイを約3倍の大きさに拡大できるという今回のコンセプトムービー。いや、確かに非常に格好良いが、ディスプレイそのものが大きくなるというのは一体どのようにして実現するのだろう……。

Strange iphone7 concept movie
いや、これはあくまでもコンセプトムービー。そんなことは考えてはいけない。これならiPhoneをわざわざ横向きにしなくても写真を画面一杯に表示することができる。

Strange iphone7 concept movie
この「iPhone 7」を裏から見た図。アームが内側に入ることにより、拡大されたディスプレイを縮小させ通常の大きさに戻すことができるらしい。

Strange iphone7 concept movie
これが現実になることはまずないと思うが、久しぶりにぶっ飛んだコンセプトムービーを見ることができたので満足!下記からどうぞ!



ぶっ飛んだコンセプトイメージ/ムービー
(via Cult Of Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告