「OS X Mavericks」からアプリケーションをバックグラウンドで自動的にアップデートすることが可能に!

OS X Mavericks:App Automatic Background Updates
iOS 7」からインストールしているアプリにアップデートが配布されている場合、バックグラウンドで自動的にアップデートすることが可能となった。

OS X Mavericks」でも同様の機能が提供されている。アップデートがあるアプリを自動的に更新することができる他、複数のMacを持っている場合は他のMacでインストールしたアプリを別のMacに自動的にインストールすることができるようになった!

「システム環境設定」の「App Store」から設定変更!

これらの設定は「OS X Mavericks」から新たに追加された「App Store」という項目から変更することができる。
OS X Mavericks:App Automatic Background Updates
1つ目にある「Automatically check for updates」にチェックが入っている場合、アプリにアップデートが配布されているとバックグラウンドで自動的にアプリを更新してくれるという項目。2つ目にある「Automatically download apps purchased on other Macs」にチェックを入れると明記されたiTunesアカウントと紐付いた別のMacでダウロードされたアプリが自動的にインストールされる。
OS X Mavericks:App Automatic Background Updates
これはかなり便利であることは間違いないが、自動的にバックグラウンドでアップデートを実施することによって電池はそれなりに消耗するはず!バッテリーに神経質な人は無意味にチェックを入れないほうがいいかもしれないね!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告