学生みんなが特待生。

【OS X Mavericks / Yosemite】Launchpadでアプリを削除するとApplication Supportを全削除する致命的なバグが発覚

Launchpad

Macでインストールしたアプリを削除する場合、皆さんはどのように消しているだろうか。もし、「OS X Mavericks」「OS X Yosemite」に搭載されている「Launchpad」から削除しているのであれば、要注意!知らないうちに一部のシステムフォルダの中身をごっそり消している可能性がある

Launchpadでアプリを削除するとApplication Supportを全削除する、という致命的なバグについてソフトアンテナブログに取り上げられていたので、紹介する!

Launchpadでアプリを削除している人は要注意!

この現象が発覚したのは以下のツイートから。Togetterにまとめられているが、最近ウェブアプリからMac用アプリとなった環境音再生アプリ「Coffitivity」をLaunchpadで削除した時にApplication Support以下がごっそり消えてしまっていることに気が付いたようだ。

「Lauchpad」ではiPhoneのようにアプリを長押しするとアイコンが震えだし、表示される☓ボタンを押せばアプリを削除できるという機能が用意されている。機能そのものは非常に便利なのだが、今回はその削除方法を利用することによって非常に重要な情報も一緒に削除してしまうことが明らかになったのだ。大問題!

上記ツイートに書かれている通り、同時に削除されてしまうのは「~/Library/Application Support」以下全て

これはどのアプリを削除しても発生するものではなく、現在確認できているのは「Coffitivity」のみ。なお、これはアプリ側に問題があるというよりは空文字列を確認せずに削除していることに問題があるとソフトアンテナブログは指摘している。

「Launchpad」は「OS X Lion」以降の機能。「OS X Yosemite」ではもちろんのこと、「OS X Mavericks」でも同様の問題が確認されているため、今後「Launchpad」からアプリを削除する場合は注意が必要だ。

アプリを削除したい場合、以下の方法がオススメ。僕はMacを手にして以来、長らくこの方法を使ってきたが特に問題が発生したことはない。

今回の件の詳細については以下のTogetterソフトアンテナブログからどうぞ!