通話もできる手軽なCheero製Bluetoothイヤフォン「cheero Sound Shell」が登場!ただし買うのはちょっと待った?

Cheero sound shell
あの大容量にも関わらず低価格で話題のモバイルバッテリーメーカー「cheero」がBluetoothイヤフォンを販売開始した!

その名も「cheero Sound Shell」!今回、いち早く手にすることができたので、早速レビューさせてもらう!


両耳なのにワイヤレス!そして通話もできる!

cheero Sound Shell」は通話もできるBluetoothイヤフォン。他にも似たようなワイヤレスイヤフォンは既に多く存在しているが、片耳だけのものがほとんど。両耳あれば音楽も聴けるので利用範囲が広がる!
Cheero sound shell
これが付属品。本体、充電用ケーブル、そしてS/M/Lサイズのイヤピースとイヤーフック。イヤーフックはジョギングなどの際に使うようだ。
Cheero sound shell
そしてこれが本体!比較的ケーブルは短いが首の裏を回して耳に挿せるように作られている。イヤフォンを外したい時はそのまま首に掛けられるので便利だ!
Cheero sound shell
左側のイヤフォンに穴が開いているが、これが充電口。付属している専用の充電ケーブルを挿して充電する。連続可能時間は3.5時間とされているので、比較的こまめな充電が必要だ。
Cheero sound shell
後ろから。スッキリしてシンプル。
Cheero sound shell
右側のイヤフォンには側面に2つ、上部に1つボタンが設置されている。まず左右のボタンは音量上下ボタンと曲送り/曲戻りボタンを兼ねている。ボタンを長押しすることによって次の曲や前の曲に移ることができる。上のボタンは電源ボタンと通話/終話ボタンを兼ねている。ペアリングする際も電源ボタンを長押しで行う。
Cheero sound shell
実際に繋がるとこのようい青く点灯する。かっこいい!
Cheero sound shell
実際耳に挿してみたところ!
Cheero sound shell

「cheero Sound Shell」のここが気に入った!

cheero Sound Shell」を使ってみて気に入ったところを紹介する!

とにかく値段が安い!持っていると便利!

現在は発売は記念して数量限定で1,480円で発売されている「cheero Sound Shell」。限定販売後でも1,980円という非常に良心的な価格。Bluetoothを使っている上に通話もできることを考えると破格とも言える値段である。ハンズフリー通話ができるイヤフォンが欲しい、という人にはかなり手頃で手の出しやすい買いやすい価格設定だ。

デザインが可愛い

今回用意されているカラーバリエーションは3種類。どれもとても可愛らしいデザインとなっている。女性でも持っていて全く違和感がない。


「cheero Sound Shell」の課題

cheero Sound Shell」はcheeroにとって完全に新しい取り組みだ。勢い余って発売直後に買った人も既にいるかもしれないが、今後購入を検討している人は現時点で僕がこの商品を使ってみて感じた問題点や課題も参考にした上で検討してもらえればと思う。

過度な期待は禁物。音質はあくまでも値段相応

音楽にこだわる人であれば「cheero Sound Shell」を音楽再生用として購入することは正直オススメできない。ノイズキャンセリング機能は搭載しているものの、そもそもの音質があまり良くないため音楽を聴くには臨場感が物足りない。

ボタンの位置がイマイチ

電源ボタンはイヤフォンの上部にある。僕が付けている写真を見てもらえれば分かるが、付けた時にボタンが完全に耳の中に隠れてしまうため、若干操作がしづらい。これは慣れの問題なのかもしれないが、僕は少し不便さを感じた。

モバイルバッテリーから充電できない場合もある

意外と課題なのが充電。実は電流制御の関係でモバイルバッテリーから充電できない場合もあるようだ。特に自社製品である「cheero Power Plus 2」「Powerbox」「Grip」は充電できないと書かれている。予め注意が必要だ。

付け心地に改善の余地はある

僕は長時間付けていられるイヤフォンが好きだ。その点、僕はApple純正の「EarPods」は大好きだ。フィット感・音質ともに申し分がない。

「cheero Sound Shell」のフィット感は改善の余地がまだまだある。せっかくハンズフリー通話ができるのにも関わらず、付け心地のせいで耳に負担が掛かるのは勿体無い。個人的に最も改善して貰いたい箇所である。

初代としては十分!次のモデルが楽しみ!

総じて「cheero Sound Shell」は初代モデルとしては日常的に活用できる、よくできた製品だと思った!

課題点については素直に思うことをバシバシ書かせてもらったが、僕はモバイルバッテリーメーカーがBluetoothイヤフォンというまったく違う分野にチャレンジしていることが素晴らしいと思っている。モバイルバッテリーで既にお世話になっているメーカーが新しい挑戦をするのは僕もできる限り応援したい。僕ができることがあるとすれば、実際に新製品を使ってみたフィードバックぐらいだと思っているので、積極的に使って思ったことや感じたことをアウトプットしている。

このレビューを読んで頂いて買いたいと思って頂けた人は、是非とも使ってみた感想やより良い製品にするための改善案を積極的にフィードバックをしてもらえたらと思う!もちろん僕のTwitterFacebookページでリプライやコメントで送ってもらうのでも結構です!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー