学生みんなが特待生。

楽器とコラボして迫力が倍増しているアカペラパフォーマンス6選

Pentatonix with LIndsay

最近、移動中は借りている「Klipsch STATUS」で音楽を聴いているのだが、やはり良いヘッドホンで音楽を聴くと楽しい。特にアコースティックな音楽が栄えるのでアカペラを聴く頻度が上がっている。

中でも純アカペラではなく、楽器とコラボレーションしているアカペラパフォーマンスが僕の中で熱い!個人的にオススメのコラボを6つピックアップしたので、紹介する!

Naturally 7 – 「Jericho」

1曲めに紹介するのがNaturally 7の「Jericho」。これは凄まじく格好良いので是非とも聴いてもらいたい。そもそもNaturally 7を知らない人はこちらの記事を読んでもらえたらと思うが、ありとあらゆる楽器の音を真似て驚くようなパフォーマンスを披露するアカペラグループだ。

「Jericho」というアップテンポな曲をハープを交えて演奏しているのだが、これがとにかくぶっとぶほど格好良い。ハープはもっと幻想的で癒しのある音色を奏でるものだとばかり思っていたが、この曲においては力強さを発揮!

Naturally 7 – 「N7 Battle With Bobby」

続いて同じくNaturally 7だが、今回は規模が違う。なんと丸ごとオーケストラとコラボしているのだ。何回見てもアカペラグループがオーケストラと演奏して負けないという事実が受け入れられない!

実は過去に記事にしているのだが、あまりにも素晴らしいので本記事も改めて掲載することにする。

個人的にオススメは途中でAerosmithの「Walk This Way」。これは本当に格好良すぎる!オーケストラの演奏をバックにスクラッチとか気持ちいいんだろうなあ…!リズムが変わってもオーケストラとバンドのリズムがブレないのは凄すぎる。

Naturally 7 – 「Feel It (In The Air Toinght)」

さらに上記と同じコンサートで演奏している「Feel It (In The Air Toinght)」もオーケストラとコラボ!原曲を知っている人であればオーケストラが加わることによる壮大さに驚くに違いない!

Lindsey Stirling & Peter Hollens – 「Star Wars Medley」

続いて紹介するのはPeter Hollensさんによる多重録音にLindsey Stirlingさんのバイオリンを重ねたパフォーマンス。これまで紹介したのもそうだが、アカペラとコラボするには弦楽器の方が相性が良いのだろうか。

演奏している曲は映画「Star Wars」のメドレー曲。耳馴染みのあるメロディもそうだが、映像としても面白い!

Pentatonix – 「Say Something」

これはA Great Big World & Christina Aguileraによる「Say Something」のカバー。Pentatonixのパーカス担当Kevinがチェロを演奏しながらビートを打つという1人2役パフォーマンス。あえて楽器を純アカペラにこだわらず、チェロを取り入れたPentatonixの独特なアレンジが非常に良い。原曲の都合上、チェロの存在は大きい。

Lindsey Stirling and Pentatonix – 「Radioactive」

先ほど紹介したバイオリニストLindsey StirlingさんとPentatonixによるコラボ。Kevinもチェロを演奏しているので、弦楽器2つとアカペラという濃い組み合わせだ。

プロモーション動画も迫力満点!力強い演奏はもちろんのこと、衣装も揃っていて格好良い!