iida INFOBAR A01のインタフェースがかっこいい!

KDDIの新機種発表で話題になった初のデザインケータイならぬデザインスマートフォンのiida INFOBAR A01。今にでもすぐ実機を触ってレビューしたいのだが、それまではiidaのYoutube公式チャネルにアップされていたインタフェースの紹介動画を掲載する。

見ての通りタイル状のインタフェースが特徴なので、どうしても僕はWindows Phone 7を思い浮かべてしまう。ただ、ベースがAndroidであるはずなのにここまで大胆に変更出来たことには正直すごいとしか言いようがない。独自のテーマをAndroidの上に載っけている端末はいくつもあるが、元のインタフェースがここまで跡形もなく変えられた端末は初めてかもしれない。

ついでにスペックも載せておく。

  • OSバージョン:Android 2.3 (Gingerbread)
  • ディスプレイ:約3.7インチQHD New モバイル ASV液晶 (540×960)
  • プロセッサ:1.4GHz Qualcomm Snapdragon MSM8655
  • メモリ:?
  • カメラ:8M(外向き)
  • 外部メモリ:最大16GB microSD/microSDHC
  • 特徴:おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、ATOK

実際に手にとってみないと分からないが、スペックと言い見た目と言い、これは結構オススメできるスマートフォンかも!

(via ITMedia

もっと読むAndroidまとめ
あわせて読みたい