Apple、防滴仕様のLightningケーブルを開発中か

Liquid Sealed LIghtning Port Patently Apple

AppleがLightning端子を防滴仕様にする特許を申請していたことがPatently Appleによって明らかになった。

スマートフォンを持つことが当たり前になりつつある世の中で、電子機器だからと言って特定の環境に持ち運ぶことを禁ずることもできず、必然的に人々のライフスタイルに適用するために技術力でカバーする必要性が出てきた。

防滴・防水・防塵仕様などもその一環。Appleは「iPhone 7」以降のiPhoneを防滴仕様に変更し、「Apple Watch」はスイミング時でも仕様可能にした他、溜まった水を吐き出す機構まで開発している。

Lightning端子の防滴仕様の仕組みを特許申請したからと言って、次期iPhoneなどに同梱される充電ケーブルがその仕様になるとは限らない。

それでも「充電さえできれば良い」「デザインが良ければ良い」のではなく、たかが充電ケーブルのために「人々の生活に寄り添う」という姿勢で目に見えない改良を行うことはAppleならではであり、素晴らしい取り組みだと感じた。

(via 9to5Mac