Appleの新しい音楽ストリーミングサービスの名称は「Apple Music」?!アーティスト向けSNS機能を提供か?!

Apple music
【img via 9To5Mac

Appleが近々新しい音楽ストリーミングサービスを発表すると伝えられている。SpotifyやRdioなど、既に多くのユーザーを抱えている同類のサービスは存在しているが、Appleはよりアーティストに寄り添った形でサービスを展開することを目論んでいるようだ!

9To5Macが業界関係者から得た情報によると、Appleが準備中と噂される音楽ストリーミングサービスの名称は「Apple Music」になり、アーティスト向けSNS機能を提供すると報じている!

バッドニュース:AppleがSNSに再チャレンジする

実はこのような機能が含まれることは「iOS 8.4」の最新ベータ版の中にも隠されていた。「機能制限」の中に「iTunes Store」や「iBooks Store」と並び、「Artist Activity」という項目が追加されていることが明らかになっている。この「Artist Activity」こそが、Apple Music」に含まれるアーティスト向けのSNS機能なのだ。

Artist activity
【img via 9To5Mac

AppleのSNSにと言えば「Ping」。全く普及せず、Appleにとって苦い思い出となっていたかもしれないが、今回提供される機能はその仕組みを活用したものとなっている。

当時は一般ユーザーが好みの音楽を発信することができたが、「Apple Music」では投稿者はアーティストに限定されている。アーティストは最新トラックのサンプルや写真、動画やコンサート情報を流すことができ、ユーザーはそれらに対してコメントやいいねすることができる。

これらの情報が必要がない人は先ほどの「Artist Activity」からオフにすれば無効にすることができる。

Appleのエコシステムにアーティスト用ファンページを用意するというのはユーザー・アーティストはどちらにとってもメリットがある。ユーザーはアーティストの最新情報を手に入れることができ、ワンタップで最新曲を購入できる。アーティストはユーザーと密なコミュニケーションを取ることができるようになり、新たなプロモーションの窓口として活用することができる。

気になるのはサービスリリース当初、どの程度のアーティストが揃っているのか。国内のアーティストの参画にも期待したい。

(via 9To5Mac