学生みんなが特待生。

新しい音楽ストリーミングサービス「Apple Music」と刷新された「iTunes Radio」、「WWDC 2015」で発表へ

Apple music

日本でも使えるようになることを期待せずにはいられない!

The WallStreet Journalによると、先日から噂されているAppleの新しい音楽ストリーミングサービスは刷新された「iTunes Radio」と共に「WWDC 2015」で発表されると報じている!

2つの音楽サービスについて発表へ!日本はどうなる?!

Appleは「WWDC 2015」で2種類の音楽ストリーミングサービスを発表する予定だ。1つは「Beats Music」をベースとした「Apple Music」、もう1つは既にアメリカ国内とオーストラリア限定でサービスが提供されている「iTunes Radio」のリニューアル

ややこしくなってきたので、以下にそれぞれの情報をまとめておく!

新しい音楽ストリーミングサービス「Apple Music

Apple Music」は月額10ドルで無制限にストリーミング可能。無料でストリーミングできるプランは用意されていないとのこと。その代わり、昨日The New York Postの情報によると3ヶ月間の無料試聴期間が与えられる見通し。

現在、Appleはまだユニバーサルミュージック、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ワーナーミュージックとの契約は完了していないため、「WWDC 2015」での正式発表は難しいと予想されていたが、The WallStreet Journalによると契約状況に関わらず当日発表すると発表している。

Appleの新しい音楽ストリーミングサービスの名称は「Apple Music」?!アーティスト向けSNS機能を提供か?!

刷新された「iTunes Radio」

一方、刷新された「iTunes Radio」は広告表示ありで無料、「iTunes Match」登録者は広告表示なしで無料。多数の国で利用できるようになると言われていることから、ついに日本でも利用できる日が来るのではないかと期待している。

「iTunes Radio」を充実させるためにAppleは人気ラジオ「BBC Radio 1」のDJ、Zane Loweを今年2月に採用。昨日にはDrake、Pharrell Williams、David Guettaなどと交渉中であることが明らかになった。

新しくなった「iTunes Radio」は「iOS 8.4」初のベータ版で明らかになった、デザインが刷新された新しいミュージックアプリの一部として提供される見通し。

「iOS 8.4」初のベータ版、開発者向けに配信開始へ!デザインが刷新された新しいミュージックアプリが登場

(via MacRumors