「iPhone 6」はディスプレイが大きくなる見通しですが、ここで「iPhone 5」のテレビCMを見てみましょう

Apple cm thumb
いよいよ「iPhone 6」「iWatch」発表イベントまで残すところ1時間半を切った。リアルタイムで見たいという人はまだ開始するまでに仮眠を取ることを強くオススメする。今回のイベントに対する気合いの入りようからして、相当長丁場になることが予想される。


次期iPhoneに関して確実に言えることはディスプレイサイズが大きくなる、ということ。4.7インチモデルと5.5インチモデルが発表されると予想されるが、これまでiPhoneは片手でも操作できることを魅力としてアピールしてきたはず。

4.7インチはギリギリどうにかなるかもしれないが、5.5インチはどう考えても片手で操作するのは不可能だ。発表イベント直前ではあるが、ここでAppleが無かったことにしたいであろう「iPhone 5」のテレビCMをご覧あれ!

片手でも操作できることをアピールした「iPhone 5」のテレビCM

「Thumb」と題されたこのテレビCMは、まさに片手で操作できることを全面的にアピールした内容となっている。以下からどうぞ!



確かに僕ら日本人からすると片手で操作できることは非常に魅力的だと感じる人も多いが、これはガラケー時代から片手で操作することが常識だった日本だからこそ根強く需要があるだけで、世界的に見たら今や片手操作よりも大きいディスプレイの方が需要があるということではないかと予想。

さらに、「iPhone 6」は「片手操作モード」を搭載するとも報じられている。どういうUIになるか気になるところではあるが、Appleも片手操作を完全に犠牲にするわけではないと期待しよう。

「iPhone 6」「iWatch」発表イベントのライブ中継サイト一覧(日本時間9月10日午前2時〜)

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法