「iPhone 6」の5.5インチモデルは4.7インチモデルの発売から数カ月後に発売?!その理由とは?!

iPhone 5s、6、Air

今のところ「iPhone 6」は4.7インチモデルと5.5インチモデルが発表される見通しとなっているが、今のところ4.7インチモデルと5.5インチモデルは同日に発売されないという見方が強い。

その理由として製造上の問題があることが原因とされていたが、Digitimesによると、5.5インチモデルが4.7インチモデルと同時期に発売されない理由は両モデル同士が競合することを避けるためだと報じている!

iPhone 5s」と「iPhone 5c」の失敗から学んだ?!

昨年、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」を同日に発表した結果、消費者は両モデルを比較してしまい、結果的に「iPhone 5s」は想定以上売れ、「iPhone 5c」は想定を下回る売れ行きとなってしまった。情報元によるとAppleはこの教訓を活かし、今年は2つのモデルを同時に発売せずにあえて4.7インチモデルを先に発売し、数ヶ月遅れで5.5インチモデルを発売すると伝えている。

これまでは製造上の理由で同日に発表することが難しいとされていたが、Digitimesによるとそれはないとのこと。

これが事実だとすれば1つ気掛かりなのは9月の発表イベントで2つのモデルを発表するかどうかということ。発売が数カ月先にも関わらずその時に発表してしまえば4.7インチと5.5インチどちらも実物を見たいという人による買い控えが発生してしまう可能性がある。「数カ月先」がいつ頃を指しているか分からないが、万が一年を越すとすればAppleにとって最も繁盛するホリデーシーズンに大きな損失をもたらしてしまうかもしれない

個人的には発表するであれば同時期、片方のみであれば別のプレスイベントを開催するか、そもそも発表しないのではないかと予想している。果たしてどうなることやら。

(via MacRumors