「WWDC 2014」で新モデル発表か?!アメリカで「iMac」と13インチ「MacBook Pro Retina」の既存モデルの価格が大幅に下落!

New macbook pro
WWDC 2014」まであと1日。ワクワクが止まらない!MacやiPhone、iPadの壁紙を変えて気分を盛り上げたい方はこちらから専用壁紙画像をダウンロードするべし!


当日は「iOS 8」と「OS X 10.10」以外にも新しいハードウェアが発表される見通しとなっているが、MacRumorsによると、アメリカの一部リテールストアでは「iMac」と13インチ「MacBook Pro Retina」の既存モデルが他のモデルよりも大幅な値引きを実施していると伝えている!

新モデル来るか?!149ドルから199ドルの大幅な値引きを実施中!

情報元によると、現行モデルの21.5インチ型2.7GHzの「iMac」はAdoramaやBest Buyにて149ドルの値引きを実施中。512GBのSSD搭載の13インチ型「MacBook Pro Retina」はAmazonやB&H Photoにて199ドルの値引き中。最新モデルにこだらわないのであれば圧倒的にお買い得だ。


「iMac」は、低価格モデルは「WWDC 2014」では発表されないと伝えられたものの、Retinaディスプレイを搭載したモデルが開発中であるとも伝えられている。近々次のモデルが発表される可能性は極めて高いため、「iMac」の購入を検討している人は最新モデルが発表されるのを待つことをオススメする。

MacBook Pro Retina」の13インチモデルについては特にこれまで言及されていなかったものの、先日発表された「MacBook Air」と同様に「Haswell Refresh」を搭載するマイナーチェンジモデルとして「WWDC 2014」では発表されるかもしれない。

(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法