学生みんなが特待生。

InstagramにSnapchatライクな機能が追加ーー24時間で投稿が消える「Stories」を発表

Instagram stories

Snapchatの魅力をInstagramというプラットフォームに最適な形で取り入れたような新機能だ。

本日、Instagramは24時間で投稿が消える機能「Instagram Stories」発表した

24時間で消えるのは「タイムラインを汚さないため」

この新機能は通常のタイムラインの1番上にユーザーのプロフィール画像として表示され、新規投稿があるとそのアイコンの周りが光る仕様。Storiesの場合、写真や動画を好きなだけ投稿してもプロフィールには表示されず、タイムラインにも投稿されず、さらに24時間経つと勝手に消える仕組みとなっている。

Instagram stories

気になる人のStories投稿を見るにはアイコンをタップするだけ。興味深いのは、これらの投稿は公開コメントやいいねする方法が存在しない。投稿した相手に何かを伝えたい場合、「Instagram Direct」で直接メッセージで送るしかない。

Instagram stories

Storiesは基本的にユーザーのプライバシー設定にもとづいて表示範囲が反映される。プライベートアカウントにしている場合、アカウントをフォローしている人しかStoriesの投稿を見ることができない。

ただ、フォローしている人の中でも特定の人に見らたくない投稿もあるはず。その場合は見られたくない人に投稿が表示されないようにする機能も用意されている。

「Instagram Stories」は全世界において数週間以内に順次利用可能になるとのこと。