Facebook、レイバン共同開発のスマートメガネ「Ray-Ban Stories」を発表

日本では未発売、500万画素のカメラを両端に搭載し通話や音楽再生用にスピーカーとマイクも内蔵

RayBan Stories Facebook Smart Glasses

Facebookが現地時間9月9日、スマートメガネ「Ray-Ban Stories」を発表した。写真と動画の撮影、通話、音楽の再生に対応し、価格は299ドル。20種類のバリエーションが用意されている。米国、オーストラリア、カナダ、アイルランド、イタリア、イギリスの6カ国で販売を開始した。

Ray-Ban Storiesとは

何ができるの?

Ray-Ban Storiesは、カメラが搭載されたスマートメガネ。写真と動画の撮影、通話、音楽の再生が可能だ。

iOSおよびAndroid用のFacebook Viewアプリと連携し、素早くデータを取り込むことができる。取り込んだ写真や動画はアプリ上で編集し、Facebook、Instagram、WhatsApp、Facebookメッセンジャー、Twitter、TikTok、Snapchatなど、各種SNSに投稿できる。

本体にも内蔵ストレージがあり、最大30本の動画または500枚の写真を一時的に保存できる。

どういうスペックなの?

Ray-Ban Storiesは各レンズの端に、500万画素のカメラをそれぞれ搭載。短く押すと30秒の動画が撮影でき、長押しすると写真が撮影できる。ユーザーが有効化すれば、「Hey Facebook」と呼びかけることで撮影できる機能も利用可能だ。

オープンイヤースピーカーを搭載し、音楽の再生や通話が可能。通話用にマイクが3つ内蔵されている。

合計20種類が用意されており、レイバンのWayfarer(ウェイファーラー)、Wayfarer Large(ウェイファーラー・ラージ)、Round(ラウンド)、Meteor(メテオ)の4種類に各5色ずつを用意。度入りにも対応する。

プライバシーへの配慮は?

懸念されるプライバシーへの配慮だが、カメラが作動中はLEDライトが点灯する仕組みを採用することで安全性をアピールしている。撮影機能をすべて無効化する電源ボタンも用意されている。

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは「(カメラ起動中の状態を知らせてくれない)スマートフォンよりもわかりやすい」と指摘しているが、人がスマホのカメラを構えている姿勢よりも、レンズ横にある極小のLEDが点灯するほうが「わかりやすい」と思っているのだろうか。

Rayban stories led light
この極小LEDで周囲に撮影していることを周知できると思っているのだろうか

Ray-Ban Storiesは、一度にペアリングできるアカウントは1つのみ。万が一別の人が使おうとした場合、端末内に保存されるデータはすべて消去される。

広告は搭載されるの?

Ray-Ban StoriesおよびFacebook Viewは、広告が配信されない。撮影した写真や動画を利用したパーソナライズ広告は使用ないが、シェアされた内容はそれぞれのアプリの方針が適用される。当然ながらFacebookやInstagramも含まれる。

日本では販売されるの?

現時点では発売は未定。

公開情報
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. PGE6748(コメントID:609645)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:609640)
    アクションカメラといい、スマートグラスといい、盗撮犯が喜ぶものにしか見えない。特に日本は公衆浴場の慣習があるから嫌だな。

    Google Glassなんかはまさにそれが理由で販売中止になりましたしね。

  2. g.O.R.i(コメントID:609641)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:609640)
    アクションカメラといい、スマートグラスといい、盗撮犯が喜ぶものにしか見えない。特に日本は公衆浴場の慣習があるから嫌だな。

    まあ日本ではそういうのがあるから、発売されてないのかもですね……

  3. 通りすがりの読者(コメントID:609640)

    アクションカメラといい、スマートグラスといい、盗撮犯が喜ぶものにしか見えない。特に日本は公衆浴場の慣習があるから嫌だな。

「Facebookニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索