Apple、スピルバーグと「Amazing Stories」の新作制作で契約

Jakob owens 199505 unsplash movie

Appleは、スティーブン・スピルバーグ監督のAmblin Television、および、Comcast傘下のNBC Universal TV制作チームと共同で「Amazing Stories(邦題:世にも不思議なアメージング・ストーリー)」の新作を制作する契約を締結したとWSJが報じている。

情報元によると、1話に500万ドルの制作費用を投下し、10話制作する予定だと伝えられている。

「Amazing Stories」は1985年から1987年の間、放映されていたテレビドラマ。放映期間中の2年間でエミー賞を5回も受賞している。

Appleは今年6月にアメリカで大人気のテレビドラマシリーズ「Breaking Bad」などを手掛けたZack Van Amburg氏とJamie Erlicht氏をSony Pictures Televisionから迎え入れている

「Planet of the Apps」「Carpool Karaoke: The Series」に続き、最近Appleが注力しているオリジナルコンテンツの新作となる。

(via MacRumors

あわせて読みたい