YouTube、広告収入の条件を「チャンネル全体の視聴回数1万回以上」に

YouTubeは現地時間2017年4月6日、「YouTubeパートナープログラム(YPP)」を改定し、視聴回数が1万回未満のチャンネルに対して広告を配信しないことを決定した。

クリエイティブな作品を投稿するプラットフォームというだけではなく、収益できるプラットフォームとしての立ち位置を確立したYouTubeだが、収益目当てでオリジナルコンテンツを違法に再アップロードして小銭稼ぎをする人がいるのも事実。

今回、広告配信の基準をチャンネル視聴回数1万回以上に設定することによりチャンネルの妥当性を見極めるための十分な情報が得られ、コミュニティガイドラインや広告プロシーを順守しているかどうかも確認しやすくなるという。

今後数週間以内に新規クリエイター向けに「YouTubeパートナープログラム」に参加するための新しい審査方法を導入すると発表。チャンネルの視聴回数が1万回を突破するまで参加することができなくなり、突破したタイミングでガイドラインやポリシーに順守しているかを審査。問題なければ広告配信が開始される、という流れだ。

なお、現時点で広告収入がある視聴回数が1万回未満のチャンネルはこれまでの広告収入は支払われるものの、順次広告の配信が停止され、広告収入を得られなくなるとのこと。

gori.meのYouTubeチャンネルに登録
あわせて読みたい