27インチ型「iMac 2019」と「iMac Pro」のベンチマークスコアと”コスパ”の比較

Imac pro vs imac 2019 benchmarks

2019年の「iMac」はCPU性能が大幅に引き上げられ、特に27インチ型「iMac 2019」のCTOモデルは8コアのIntel Core i9プロセッサを搭載し、シングルコアスコアでは現時点に存在するどのMacよりも高いスコアを出している。

では「iMac」の中で最もハイスペックとされている「iMac Pro」と比較するとどうなのか。Primate Labs27インチ型「iMac 2019」と「iMac Pro」のベンチマークスコア比較を公開していたので、紹介する!

「iMac Pro」と27インチ型「iMac 2019」の性能比較

まずはシングルコアスコアから。2019年モデルは「iMac Pro」を上回る結果となっていて、「iMac Pro」の10コアモデルが「5321」のところ、27インチ型「iMac 2019」は「6157」を記録。

Imac 27 early 2019 imac pro singlecore

続いてマルチコアスコアでは、同じ8コアモデル同士だとわずかに「iMac 2019」が上回る結果となっているが、当然ながら10コア、14コア、18コアモデルには差をつけられている。

Imac 27 early 2019 imac pro multicore

「iMac Pro」に近い性能が10万円以上安く手に入るかも?

「iMac 2019」のCPU性能が「iMac Pro」とかなりいい勝負であることがわかったところで、実際に価格で比べてみる。

「iMac 2019」の場合、8コア「Core i9」を搭載した最安構成は下記。価格は税別275,800円

  • 3.6GHz 8コア第9世代Intel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
  • 8GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • Radeon Pro 575X(4GB GDDR5メモリ搭載)
  • 1TB Fusion Driveストレージ

一方、「iMac Pro」の最安構成は下記。価格は税別558,800円

  • 3.2GHz 8コアIntel Xeon Wプロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.2GHz)
  • 32GB 2,666MHz DDR4 ECCメモリ
  • Radeon Pro Vega 56(8GB HBM2メモリ搭載)
  • 1TB SSDストレージ

スペックを見比べて見れば分かるが、「iMac 2019」の方が安くて当たり前という構成になっている。そこで、購入画面におけるカスタマイズの範囲で「iMac Pro」に近づけた結果の構成が下記。

  • 3.6GHz 8コア第9世代Intel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
  • 32GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ搭載)
  • 1TB SSDストレージ

価格は税別468,300円。「iMac Pro」に近づいているものの、それでも9万円ほど安い

違いは実質的にGPUの性能。「iMac 2019」の構成でも十分であれば、メモリを自分自身でサードパーティ製のものを購入・換装すれば購入費を加味しても10万円以上は節約できる

作業内容次第ではあるが、高いスペックが必要としているものの予算をなるべく抑えたいという人は「iMac Pro」ではなく「iMac 2019」の27インチモデルを選択することを検討してみてもいいかもしれない。

「iMac」新着記事
トレンド検索