21.5/27インチ型「iMac 2019」のベンチマークスコアが公開

Apple iMac gets 2x more performance 21in and 27in 03192019

先日発表された「iMac 2019」の21.5インチモデルおよび27インチモデルは長年親しんだデザインから全く変わっていないが、その中身は大幅にパワーアップした。

特に性能が大幅に改善されたのはCPU。最大8コアを備えるIntelの第9世代プロセッサを搭載し、「iMac Pro」に迫る構成となっている。

では、実際に新しい「iMac」が持つパフォーマンスはどうなのか。Primate LabsがGeekbenchによる21.5/27インチ型「iMac 2019」のベンチマークスコアをまとめていたので、紹介する!

2019年モデル、マルチコアスコアで前モデルを圧倒

21.5インチ型「iMac 2019」のベンチマークスコア

まずは21.5インチモデルから。測定結果が明らかになっているのは下位モデルと上位モデルのみ。

  • 3.6GHzクアッドコア第8世代Intel Core i3プロセッサ(下位モデル)
  • 3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ(上位モデル)

シングルコアスコアは5〜10%増、マルチコアスコアは10〜50%増を記録。第7世代と第8世代のIntel Coreプロセッサのアーキテクチャは変わっていないため、高いスコアはクロック数とコア数が影響していると説明されている。

残念ながらCTOで選択できる6コアの「Core i7」モデル(3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7プロセッサ)のスコアは用意されていないが、「Mac mini 2018」の「Core i7」モデルと同等のスペックになるのではないかと予想されている。

そのスコアはシングルコアで「5659」、マルチコアで「24287」となっていることから、マルチコアスコアで比較すると、21.5インチ型「iMac 2019」の上位モデルよりも約12%高い結果となっている。

27インチ型「iMac 2019」のベンチマークスコア

一方、27インチ型「iMac 2019」の測定結果は以下の4モデル。標準モデル3機種とCTOモデル1機種のスコアが確認できる。

  • 3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ
  • 3.1GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ
  • 3.7GHz 6コア第9世代Intel Core i5プロセッサ
  • 3.6GHz 8コア第9世代Intel Core i9プロセッサ

シングルコアスコアが6〜11%増、マルチコアスコアが6コアモデルで43〜49%増、8コアモデルで66%増を記録。こちらも21.5インチモデル同様にクロック数とコア数によって伸びているとのこと。

特に8コアモデルはコア数が増えていることもあり、「iMac Pro」に迫るスコアに。シングルコアスコアでもMacのベンチマークランキングの中でトップとなっている。なお、21.5インチの6コアモデルが2位に付いている。

内部仕様が改良されただけのマイナーアップデートかもしれないが、パフォーマンスに関しては2017年モデルと比べて大きく伸びたことが分かる。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iMac」新着記事
トレンド検索