8コア搭載の15インチ型「MacBook Pro 2019」のベンチマークスコアが公開

Apple macbookpro 8 core 3d graphics 05212019

「MacBook Pro 2019」と「MacBook Pro 2018」の違いはCPUとキーボードだけではあるが、15インチモデルは最大6コアから最大8コアというスペックアップを遂げ、パフォーマンスを求めている人にとっては最高の1台になった。

気になるのはその実力MacRumorsGeekbench Browserに投稿された8コア搭載の15インチ型「MacBook Pro 2019」のベンチマークスコアによると、シングルコアスコアは「5879」、マルチコアスコアは「29184」であることがわかった。

では、これらのスコアはどれほどすごいのか。

iMac Pro」の8コアモデルに匹敵するパフォーマンス

15インチ型「MacBook Pro 2018」のベンチマークスコアシングルコアスコアは「5289」、マルチコアスコアは「22201」だった。つまり、8コア搭載の15インチ型「MacBook Pro 2019」は、シングルコアスコアで約11%、マルチコアスコアで31%も伸びているということだ。

MacBookPro 2019 Benchmark Scores

このパフォーマンスを他のMacと比較すると、同じく8コアを搭載する「iMac Pro」に匹敵し、12コアを搭載する「Mac Pro 2013」を上回っていることが分かる。

Mac Benchmarks

公開されたベンチマークに使用されたのは、追加費用22,000円のオプションとして選択できる第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサを搭載したモデル。Turbo Boost使用時で最大5.0GHzまでのクロック数になる。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索