15インチ型「MacBook Pro 2019」の8コアモデル、CPUは2.3GHzで十分

2.2万円の追加オプションで2.4GHzのCPUを選択したとしても性能差はほとんど期待できないことが判明

Macbook pro 2019 cpu comparison 3

15インチ型「MacBook Pro 2019」の上位モデルは8コアのCPUを選択することができ、以下の2種類のスペックから選ぶことができる。

  • 第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.8GHz
  • 第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz

価格差は税別22,000円。スペックを求めるのであれば問答無用で上位構成を選ぶべきだと思われるかもしれないが、実際のところ、2.4GHzを選ぶ意味はほぼないようだ。

「Cinebench R20」における性能差はたった2%、「Geekbench 4」では性能差はほとんど確認できず

Max Techによると、「Cinebench R20」によるベンチマークテストでは2.3GHzモデルのスコアが「3161」だったのに対し、Snazzy Labsが実施した2.4GHzモデルのスコアは「3231」。その性能差はわずか2%しかなく、2%の性能差のために22,000円支払うのはもったいないという見方もできる。

実際に「Geekbench 4」を使ったベンチマークスコアでも似たような結果だった。下記が2.3GHzモデルのスコア。シングルコアスコアは「5612」、マルチコアスコアは「30467」。
Lower end model mbp2019 geekbench

2.4GHzモデルを測定してみたところ、シングルコアスコアは「5622」、マルチコアスコアは「30521」という結果に。
Higher end model mbp2019 geekbench

これらの差、比率にして差は1%以下。22,000円払ってもその恩恵はほぼ受けられないと言っても過言ではない。なお、2.4GHzは5度目の測定で初めて2.3GHzを超えることができたが、それまでは数値的に下回っている結果が続いていた。

よって、15インチ型「MacBook Pro 2019」の8コアモデルの購入を検討しているのであれば、CPUは2.4GHzではなく2.3GHzを選んだ方が良さそうだ。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索