27インチ型「iMac 5K 2019」の「Core i9」モデル、2017年モデルと比べて74%高速化

Apple iMac gets 2x more performance home office 03192019

Appleから「iMac」の2019年モデルが突如、発売された。外観は変わらないが、最大8コアを備えるIntelの第9世代プロセッサ、パワフルなVegaグラフィックスのオプションを用意し、スペックが大幅に強化された。

27インチ型「iMac 5K 2019」の「Core i9」モデルのベンチマークスコアと見られる測定結果がGeekbenchに投稿され、2017年モデルと比べて74%高速化していることが明らかになった。

「iMac Pro」の10コアモデルに続くマルチコアスコア

アップロードされている端末情報によると、デバイスIDは「iMac19,1」として登録され、ベースクロック数3.6GHzの8コア「Intel Core i9-9900K」プロセッサ、16GBのDDR4メモリを内蔵していることに。

シングルコアスコアは「6314」、マルチコアスコアは「33713」となっている。

Imac benchmark results 2019

これを2017年に発売された27インチ型「iMac 5K」の最上位モデル「iMac (27-inch Retina Mid 2017) 」と比較してみると、シングルコアは約7%増、マルチコアスコアは74%増となっていることがわかった。

なお、このスコアは現時点で登録されているMacのベンチマークスコアの中で「iMac Pro」の10コアモデル(3.0GHz Intel Xeon W-2150B)に続いて4番目となっている。

MacBook Pro」も13インチモデルが2コアから4コアに、15インチモデルが4コアから6コアになったように、「iMac」も4コアから6コアまたは8コアが選択可能になった。実世界のパフォーマンスへの影響は分からないが、少なくともベンチマークスコアでは劇的な伸びを見せている。

(via AppleInsider

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iMac」新着記事
トレンド検索