【悲報】1.4GHz Core i5と8GBは固定!「iMac (Mid 2014)」は、CPUのアップグレードもメモリ(RAM)の交換・増設もできない

iMac 【img via Other World Computing Blog

昨日発表された1.4GHzの「iMac」。「11万円弱で本体を購入して後でメモリは自分で交換すればいいや」と思っている人は要チェック!


iMac (Mid 2014)」は、CPUのアップグレードもメモリ(RAM)の交換・増設もできない仕様となっていることが明らかになった!

メモリ(RAM)はロジックボードに直付け!増設・交換不可!

Macを購入するとき、CPUは後から変更できないという認識はあるがメモリ(RAM)ならネジを外せば自分で変更できるという認識を持っている人も少なくない。特に「iMac (Late 2012)」のメモリ交換は異常なまでに簡単だったからこそ後から自由に増設・交換できるという印象があるのかもしれない。


既に「iMac (Mid 2014)」を手に入れたOther World Computing Blogによると、メモリ(RAM)はロジックボードに直付けされていることが発覚。つまり、購入後、自分自身でメモリの増設や交換はできない。

iMac Mid 2014マザーボード 【img via Other World Computing Blog

CTOモデルも同様だ。Apple Online Storeでカスタマイズをしようとしても、メモリだけではなくプロセッサーも項目自体が表示されていない。
iMac(Mid 2014) customize
後から自分でカスタマイズしようと思っている人は購入する前にこのことを頭に入れておくべし!

(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!