ソフトバンクオンラインショップ

iOS 14:iPhoneの右上に出現するグリーンやオレンジのドットの意味を解説

AppleがiOS 14に実装した、アプリの不正利用を暴くプライバシー機能の1つ

Orange and green leds on iphone

iOS 14にアップデートしてからiPhoneを使用していると、右上にグリーン色またはオレンジ色のドットが表示されることがある。不気味に感じている人もいるかもしれないが、これはiOS 14で追加されたプライバシー機能の1つ。iPhoneのカメラまたはマイクが使用されていることをユーザーに知らせる役割を果たしている。

グリーンはカメラ、オレンジはマイク

グリーンまたはオレンジのドットは、画面右上にある電波表示の上に出現する。グリーンのドットは、iPhoneのカメラが使用中に点灯する。MacのFaceTimeカメラが使用されている際に点灯するLEDライトと同じカラーだ。
Ios14 green led

カメラアプリを使用している場合は点灯して当然だが、カメラを必要としてないアプリが起動中にグリーンのドットが表示される場合、アプリが密かにカメラを起動している可能性がある。

オレンジのドットは、マイクの使用中に出現する。マイクの使用はカメラよりもわかりづらく、不正に利用されている場合は自分の声を含む周囲の音が録音されている可能性がある。マイクを必要とするアプリを使用している時以外に点灯している場合は、該当するアプリを疑う必要がある。
IOS14 orange led

カメラまたはマイクを使用した場合、起動直後にコントロールセンターを開くと、上部にアプリ名が表示される仕組みだ。
Recently Used Camera or Mic

グリーンとオレンジのドットは、AppleがiOS 14に用意してくれたプライバシー機能。カメラはグリーン、マイクはオレンジと覚えておき、アプリがiPhoneを悪用していないか適宜チェックしよう。

関連情報
更新日2020年09月19日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSの使い方・設定」新着記事
トレンド検索