iOS 14:「探す」アプリ、サードパーティ製アクセサリをサポート

Tileが「探す」アプリで検出できる可能性、AirTags登場の布石か

Find my icloud

iCloud – 探すより

iOS 14の「探す」アプリは、サードパーティ製のデバイスやアクセサリに対応する。「探す」アプリは、同一iCloudアカウントでログインしたAppleデバイス、家族や友人の位置情報共有などができる。

Appleは、iOS 14と同時に「探す」ネットワークアクセサリプログラムを発表。アクセサリおよびデバイスのメーカー向けのドラフト版の仕様が公開されている。

新しい「探す」ネットワークアクセサリプログラムにより、「探す」アプリケーションがAppleのデバイスに加えてサードパーティ製のデバイスやアクセサリに対応するようになりました。これからは、ほかの重要なアイテムを紛失してしまった場合でも、「探す」アプリケーションを使って探せるようになります。ユーザーのプライバシーはネットワークの中核に据えられており、内蔵の「オフライン状態のデバイスを探す」機能はエンドツーエンドで暗号化されます。アクセサリおよびデバイスのメーカー向けのドラフト版の仕様は、本日より利用可能になります。

via Apple、iOS 14でiPhoneの体験を刷新 – Apple (日本)

Appleは、U1チップもサードパーティに解放すると発表。「探す」アプリとの組み合わせることで、ARを使用した捜し物が可能になる見通し。

一方Appleの忘れ物防止タグ「AirTags」は、年内に登場すると見られている。WWDCで発表されると噂されていたが、実現しなかった。自社製品の発売前にサードパーティ向けに解放する背景には、独占禁止法違反の回避が考えられる。

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
カテゴリiOS 14
更新日2020年06月26日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 14」新着記事
トレンド検索