Apple、誤って「AirTags」の存在を認めてしまう

公式のサポート動画に登場するスクリーンショットで判明、発表間近か

Airtags found in support video

9to5Macのスクリーンショットより

Appleは4月3日、YouTubeチャンネルを更新。公式サポート動画の中で、誤ってAppleの忘れ物防止タグ「AirTags」の存在をリークしてしまった可能性がある。

公開された動画は「How to erase your iPhone(iPhoneを消去する方法)」。「Find My(探す)」の設定画面には「Offline finding enables this device and AirTags to be found when not connected to Wi-Fi or cellular(オフラインで探すをオンにすると、このデバイスおよびAirTagがWi-Fiまたはセルラー回線に接続されていない時も検出可能にする)」と記載されている。


Airtags found in support video 2

すでに動画は削除されている。

「AirTag」は、iPhone 11シリーズに内蔵されている超広帯域無線通信(Ultra Wide Band、UWB)をサポートし、ARを使うことでアイテムの位置が視覚化され、見つけやすくなると期待されている。iPhoneとの関連性が強い製品であることから、次期iOSが正式に発表される「WWDC 2020」で発表し、iPhone 12シリーズと同時に発売する可能性もある。

(Source: Appleosophy via 9to5Mac

ストーリータイムライン
9本の記事を表示する
関連情報
公開日2020年04月03日
更新日2020年04月04日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索