iOS/iPadOS 16.2やmacOS 13.1などのRC版、開発者向けに配信開始

Apple Music SingもiOS 16.2で利用可能に(対応機種のみ)

Brandon romanchuk scsXux0vykw unsplash

Appleは12月8日、iOS 16.2RC」「iPadOS 16.2RC」「macOS 13.1RC」「watchOS 9.2RC」「tvOS 16.2RC」「Xcode 14.2 RC」を開発者向けに配信開始した。いずれのOSも、今月中に正式リリースされる見通しだ。

iOS 16.2の最新のベータ版では、ディスプレイの常時オン機能を有効化した状態で、壁紙や通知を無効化するオプションが追加。Androidスマートフォンのように、時間のみ表示可能になった。

iOS 16.2、iPadOS 16.2、macOS Ventura 13.2の最新ベータ版ではフリーフォームアプリが実装され、ホームアプリが刷新。iOS 16.2ではロック画面からカメラを起動した際に、スワイプでロック画面に戻れない不具合を修正。服薬のウィジェットも準備されている。

iPadOS 16.2では、一度実装が見送られた外部ディスプレイサポートがM1/M2チップ搭載iPad Pro/Air向けに提供再開された。

また対応する機種ではApple Musicのカラオケ機能「Apple Music Sing」が利用可能になっている。

最新ベータ版のビルドナンバー、最新情報のまとめ

配信開始した各OSのバージョンとビルドナンバー

各OSの新機能・対応機種・最新情報まとめ

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 16」新着記事
トレンド検索