「iOS 9.3」、「Wi-Fiアシスト」を利用したデータ通信量が確認可能に

Wi Fi Assist Usage


【image via MacRumors

iOS 9」にはWi-Fiの調子が悪い時に自動的に3D/LTE通信に切り替えてくれる「Wi-Fiアシスト」という機能が用意されている。

一見便利そうな機能に見えるかもしれないが、予想以上にデータ消費をすることを理由に500万ドル(約6億円)の集団訴訟が発生していた。

iOS 9.3」ではこの問題を解消するべく、設定画面内で「Wi-Fiアシスト」を利用した通信量が確認できるようになっていることが明らかになった。これで同機能を利用してどの程度通信しているかが一目瞭然。

「Wi-Fiアシスト」は「設定」アプリの「モバイルデータ通信」から有効・無効を切り替えることが可能。デフォルトではオンになっているため、通信量が心配な人はオフにしておくべし。

「iOS 9.3」のベータ版がリリース!過去最大級となるアップデートの新機能・変更点まとめ


(via MacRumors