SIMフリー版のiPadセルラーモデル、ビックカメラの一部店舗やApple製品専門店で8月23日から販売開始

取り扱うのはC smart、NEWCOM、ビックカメラ有楽町、BICQLO(ビックカメラ新宿東口店)など

BicCamera Yurakucho 01

一部iPadのSIMフリー版セルラーモデルが国内のApple製品専門店および一部の家電量販店にて8月23日から店頭販売を行うことが明らかになった。

これまでiPadのSIMフリーモデルは原則としてApple StoreおよびApple公式サイトのみで取り扱われていた。大手キャリアもセルラーモデルを販売しているが、あくまでも自社の通信回線にロックされた、俗に言うSIMロックモデルのみとなっていて、ユーザーが自由に通信回線を選択できるモデルは取り扱っていなかった。

PHILE WEBによると、対象となっているiPadは「iPad Air (第3世代)」、11インチ/12.9インチ型「iPad Proとなっている模様。取り扱いが発表されている店舗は下記の通り:

  • C smartららぽーと横浜店
  • C smartららぽーと湘南平塚店
  • C smartららぽーとTOKYO-BAY店
  • C smartららぽーと富士見店
  • C smartモレラ岐阜店
  • C smartららぽーと名古屋みなとアクルス店
  • C smartららぽーと和泉店
  • C smartららぽーとEXPOCITY店
  • C smartピオレ姫路店
  • C smart丸亀町グリーン店
  • C smartリバーウォーク北九州店
  • C smartアミュプラザおおいた店
  • NEWCOM レイクタウン kaze店
  • NEWCOM 沖縄ライカム店
  • NEWCOM 広島府中店
  • misumi STORE 鹿児島
  • B-PARK+セブンパークアリオ柏STORE
  • ビックカメラ有楽町
  • BICQLO (ビックカメラ新宿東口店)

今は3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外にも通信回線の選択肢があり、月額費用を安く抑えることがしやすい。

Wi-Fiモデルであれば別途iPhoneからテザリングをしたり、カフェのWi-Fiなどに接続しなければインターネット接続ができなかったが、セルラーモデルであれば単体で通信可能。今後、iPadを購入する人にとってApple Store以外で購入できるのは魅力的だ。

セルラーモデルは単体で通信もできWi-Fi回線も利用できるが、Wi-FiモデルはWi-Fi回線でしか利用できない。当然、セルラーモデルの方が若干割高ではあるが、出先で使う可能性が少しでもあるならSIMフリーのセルラーモデルを購入し、格安SIMで運用するのが財布に優しそうだ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索