新型「iPad Pro」、現行の10.5インチ/12.9インチモデルと同じディスプレイ解像度か

IPad Pro 10 5inch Review 01

新型iPadは10.5インチと12.9インチと同じディスプレイ解像度を持つ可能性が高い。少なくとも同じ解像度のモデルが登場すると考えられる。

MacRumorsによると、8月1日から「iPad8,1」「iPad 8,2」「iPad8,3」「iPad 8,4」「iPad 8,5」「iPad 8,8」という識別IDを持つデバイスがアプリアナリティクスプラットフォームAppseeのデバイスログに出現していると報告。

この識別IDは、以前9to5Macが報じていた情報と一致している。

ディスプレイサイズを保ったままホームボタンが廃止か?!

デバイスログのデータによると、「iPad8,1」「iPad 8,2」「iPad8,3」「iPad 8,4」は1,112 × 834ポイント、「iPad 8,5」「iPad 8,8」は1,366 × 1,024ポイントになるという。

iPadのRetinaディスプレイは@2x表示となっていることから、2,224 × 1,668ピクセルと2,732 × 2,048ピクセルになると考えられ、現行の10.5インチモデルと12.9インチモデルと一致する。また、アスペクト比は4:3を保つと考えられる。

2015年に「iPad Pro」のディスプレイ解像度を正確に予想した実績を持つAppsee。次期「iPad Pro」は有機ELディスプレイの11インチモデルが別途登場し、3モデル展開になるという噂もあることから、今回報じられたモデルは「Face ID」を搭載するモデルではなく、ホームボタンを搭載するモデルの最終モデルという可能性も十分ある。

あわせて読みたい