iPad mini 6、前モデルから性能は70%向上 RAMは4GBに

iPhone 13 Pro/MaxのA15 Bionicと比べて性能は抑えられている

Ipad mini 6 geekbench scores

iPad mini 6のパフォーマンスは、iPad mini 5と比較して約70%向上していると判明した。

投稿されたGeekbenchスコアによると、iPad mini 6のシングルコアスコアは「1596」、マルチコアスコアは「4558」。iPad mini 5は「1112」「2680」だったことから、シングルコアが約43%、マルチコアスコアが約70%増加している。

iPad mini 6は、iPhone 13 Pro/Maxと同じ5コアGPU内蔵のA15 Bionicチップを搭載しているが、CPUの動作クロック数およびRAMに差がある。iPhone 13 Pro/Maxは3.23GHzで6GBのRAMを搭載するが、iPad mini 6はクロック数が2.93GHz、RAMは4GBになっている。RAMは、iPad mini 5と比べて1GB増えている

Ipad mini 6 geekbench scores 2
Geekbenchよりキャプチャ

関連キーワード
公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:610271)

    ipad mini6予約したんですが横幅が5より狭くなるんですね。
    日経新聞が5より小さく表示されてしまう。。。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:610212)

    シンプルに羨ましいけど、
    現状5から買い換えなければいけない理由がない、、
    5が快適すぎる
    ミニLEDなら変えてたけど

    smart cover三角にして横スタンド状態だと、ホームボタンがある方が便利、、

「iPad mini」新着記事
トレンド検索