iPadOS 13.4:ライブ変換を無効化する方法

スペースキーを叩くタイミングで文字を打つ時のリズムを作っている僕は馴染めなかった

IPadOS13 4 live henkan and keymapping top 04

iPadOS 13.4」では、Smart KeyboardやBluetoothキーボードを接続した際に「ライブ変換」が利用可能になった。デフォルトでは有効化されているが、本記事では無効化する方法を解説する。

ライブ変換:キーボードでひらがなを打つだけで自動的に文章が完成する機能

ライブ変換の切り替えは、「設定」アプリの「一般」から行う。「Smart Keyboard Folio」や「Magic Keyboard」などのハードウェアキーボードを接続すると、「ハードウェアキーボード」という項目が「キーボード」の下に出現する。
IPadOS13 4 live henkan and keymapping 02

「ハードウェアキーボード」をタップすると、「ローマ字」の設定項目として「ライブ変換」が用意されている。緑色になっているボタンをタップすれば、ライブ変換は無効化される。(ボタンは白くなる)
IPadOS13 4 live henkan and keymapping 03
画像はライブ変換がまだ有効化されている状態

ライブ変換とは、読んで字のごとく、文字を打ちながらリアルタイムに変換される機能。変換する度にスペースキーを押す必要がなく、文字列から適切な漢字やカタカナに変換してくれる。内蔵辞書の改善により変換精度も向上し、キーボードでひらがなを打つだけで自動的に文章が完成する。

一部の物書きからは高く評価されているが、僕はスペースキーを叩くタイミングで文字を打つ時のリズムを作っている。ライブ変換には馴染めず、無効化することにした。

関連情報
更新日2020年05月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOSの使い方・設定」新着記事
トレンド検索