【レビュー】「シン・フィット」ーーシンプルなマット仕上げの薄型ケース

Spigen Thin fit for iPhoneXS 01

iPhone用ケースとして派手なものを好む人もいれば落ち着いてものを好む人もいる。

今回紹介するSpigenの「シン・フィットはシンプルなマット仕上げの薄型ケースとなっていて、裏側にマグネットタイプの車載ホルダー「エアー・ヴェント」が使用できるような隙間が空いていることが特徴。

グリップ感が魅力、本体のサイズ感を損なわないデザイン

シン・フィットは薄く、デザインを損なわないシンプルさが魅力。薄さ、軽さで言えば「elago INNER CORE」には敵わないが、強みとしてグリップ感のあるポリカーボネート素材を使用していることが挙げられる。冬など指先が乾燥しがちな季節において、グリップ感は重要。

カメラ周りは「iPhone XS」が配慮されたデザインに。
Spigen Thin fit for iPhoneXS 02

各ボタンは大きくくり抜かれ、覆われず。直接iPhone本体のボタンを押すタイプとなっているので操作性は問題ない。
Spigen Thin fit for iPhoneXS 03

Spigen Thin fit for iPhoneXS 04

底面は広く開けられ、完全にむき出しに。保護力に関しては完全に覆われる状態よりも劣るかもしれないが、ここを覆わない分ケース本体が軽くなるため、個人的にはアリだと思っている。
Spigen Thin fit for iPhoneXS 05

前面と背面のフチは約0.3㎜高く設計し、液晶画面とカメラレンズを傷を防止する配慮がされている。
Spigen Thin fit for iPhoneXS 06

真っ黒なケースなのでiPhone本来のデザインを見せることはできないが、かえってAppleロゴなども見えないこの状態を好む人もいるかもしれない。
Spigen Thin fit for iPhoneXS 07

注意点としては、「エアー・ヴェント」を利用するためのメタルプレートを入れた状態ではワイヤレス充電が利用できない、ということ。干渉の恐れや故障の原因になるため、ワイヤレス充電を利用するのであれば一度ケースから取り外す必要がある。

ケーブルを挿せばいい、と割り切れる人は問題ないかもしれないが、個人的にはワイヤレス充電なしの生活には戻れないため、「シン・フィット」でもを使うのであればメタルプレートは入れずに使用し、車載ホルダーなどを買い換える方をオススメする。

僕は「SmartTap EasyOneTouch mini」を愛用しているが、 最近はワイヤレス充電機能が内蔵された「SmartTap EasyOneTouch3 wireles」などもあるので、メタルプレートを使うことなく本体を充電できる。あわせてチェックしてみるべし!

シン・フィット」でもは僕自身も長年使っているケースの1つ。最近はもう少しケースそのものに個性を求めるようになったため使用する頻度は減ってしまったが、シンプル・イズ・ベストを求めている人にとっては良いのではないだろうか!

5.510
シン・フィット
あわせて読みたい