【レビュー】「シン・フィット360(エアー・フィット360)」ーー「iPhone 7」を全面保護する薄型軽量ハードケース

Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

iPhoneを完全に保護するケースが欲しいが本体を分厚くしたくない、という人が今すぐ買うべきケースは「シン・フィット 360 (エアー・フィット 360)」。

360度保護すると言う意味での「360」は良いとして、「シン・フィット」なのか「エアー・フィット」なのかどちらか片方にするべきだと声を出しにして言いたいが、きっと大人の事情で最後の最後まで両方残さざるを得なかったんだろう。どうせカッコに入れるなら「エアー・フィット」消せばいいのに。

ネーミングに対する文句はさておき、ケースとしては非常に優秀。1台サンプルとして提供して頂いたので、取り付け方を含めて紹介するので参考にどうぞ!

前面・背面・保護ガラスがすべて同梱!完全保護ケース

シン・フィット 360 (エアー・フィット 360)」にはiPhone本体を完全に保護するためのパーツが全て揃っている。背面ケースと前面ケース、そしてさらに液晶部分を保護する保護ガラスまで同梱されている。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

背面ケースには車載ホルダー「エアーヴェント」を使用するのメタルシートを貼り付けるスペースが用意されている。

早速各パーツを取り付けていく。まずは背面保護ケースから。含まれているホコリ取りシールやアルコールクリーナーを使って背面を綺麗にしておくべし!
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

続いて前面ケースを上から取り付ける。特に難しい作業はなく、カパッとハマる。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

上下のケースを付けた状態。無駄がない。電源ボタンは押しやすく、操作性は失われていない。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

反対側も同様。音量ボタンならびにマナーモードスイッチはケースが無いときと変わらない使い勝手の良さが実現されている。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

カメラ周りもこのように完璧な切り抜きで極限まで保護されている。もちろん、レンズが当たる心配もない。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

Lightningポート周りは大きく開けられ、多少厚みのある端子でも問題なく挿すことができそう。左右のスピーカーグリルは大きく開いている。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

もう既にケースが完成していると思っているかもしれないが、実はまだ保護ガラスを取り付けていない。僕はてっきり保護ガラスを前面ケースと背面ケースの間に挟むのだと思っていたが、2つのケースを重ねた状態であとからこのように貼り付ける仕組みになっているのだ。つまり、このケースにぴったりフィットするように保護ガラスが用意されているということになる。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

ガラスフィルムを取り付けて初めて名前の通り「360」度の保護が実現。角を合わせて保護ガラスのフィルムを剥がして置くだけなので気泡もほぼ無く綺麗に貼り付けることができる。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

保護ガラス上部もこの通りケースにぴったりと合っている。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

ケースの縁はわずかな高さがあるため、下向きに机の上に置いても液晶には触れない。
Spigen Thin Fit 360 Air Fit 360

ケースそのものはマットな仕上がりになっていて滑りづらい素材が使用されている。むしろ、少しベタベタした印象を受けるかもしれない。なお、指紋は意外と目立たない。

シン・フィット 360 (エアー・フィット 360)」の保護力は間違いなく、名前の通り全面を保護してくれるケースであることは間違いないが、残念ながらオシャレさの欠片もないので、人目を引くようなケースを付けたい人には向かないだろう。また保護ガラスがこのケース専用に作られているため、一度付けてしまうと他のケースに乗り換えづらいという欠点はある。

ただ、それでも僕はこのケースが意外と気に入っている。全面保護ケースの割にはシュッとしていてゴツゴツしていない。僕は「iPhone 7」に取り付けているが、4.7インチモデルならではのコンパクトさを失うことなく保護力を向上している。

iPhoneを頻繁に落としてしまうという自覚がある人はこの機会に購入を検討してみてはいかがだろうか!

FOLLOW / 最新情報を購読