【レビュー】「PhoneFoam Golf LINE」ーー「iPhone 7」でも欲しいカード収納型ケース

ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」ではカード収納型ケースを使わなくてもSuicaやクレカなど一部サービスが使用できるようになった。

これはとにかく便利だ。僕も最近ではコンビニに財布を持ち歩くことなく、iPhoneだけで済ませることの方が多い。

ただ、まだまだ未対応サービスも多く、完全にウォレットレス、とまではいかない。例えば、僕は毎日のようにジムに通っているのだが、ジムの会員カードはロッカーにも使用するため絶対に必要。

そこで今回紹介するのが「PhoneFoam Golf LINE」というiPhoneケース。メタリックなスタイリッシュな外装はiPhoneをしっかりと守る耐衝撃性を持ち合わせる。特徴であるカードを収納スペースも用意され、iPhone本体が対応していないカードを入れて持ち運ぶことができる。

1台サンプルとして提供して頂いたので、その魅力を紹介する!

メタリックなデザインが格好良い!グリップ感も良好

これが「PhoneFoam Golf LINE」。メタリックなデザインは「iPhone 7」のブラックモデルとの相性が抜群。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

早速取り付けてみる。本体への衝撃を吸収する熱可塑性ポリウレタン(TPU)素材と衝撃を分散させる役割を持つポリカーボネート素材の2層構造となっているため、極薄ケースよりは厚みがある。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

マナーモードスイッチと音量ボタン側。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

底面。スピーカーとマイク、そしてLightningポートはこのようにして広めに穴が開けられているが、深さがあるのでケーブルによっては使えないものもあるかもしれない。純正のケーブルは特に問題なく利用できた。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

ケースそのものに高さがあるため、画面下向きで平面に置いても画面が傷付くことはない。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

電源ボタン側。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

カメラ用の穴は十分な広さが取られている。平面に置いてもカメラの突起が当たる心配もない。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

背面の右下には「PhoneFoam」のロゴが入っている。さりげない上にメタリックなデザインなのでむしろオシャレ。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

(カードとして分かりやすいので)Suicaを入れてみた

「PhoneFoam Golf LINE」の強みはやはりカードを収納できる点。カードは基本的に1枚まで。「エラー防止シート」が同梱されているので、ICカードを入れる場合は活用しましょう。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

普段はジム用の会員カードを入れているが、分かりやすさのためにSuicaを入れておく。裏にあるのは同梱されているICカード。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

このようにフィット感は抜群。ギリギリまで収納されているが、切り込みが用意されているお陰で取り出ししやすい。例えばSuicaの場合、オートチャージに対応してなくても「PhoneFoam Golf LINE」を使えばチャージする時に簡単に取り出すことができる。
ROOX PhoneFoam Golf LINE for iPhone7

なお、カードは収納ポケットにしっかりとフィットしているため、そう簡単に抜け出すことはない。使っていて抜け落ちる不安を感じたシーンは今までで一度もない。

今回は「iPhone 7」用ケースを紹介したが、「iPhone 6」「iPhone 6s」そして「iPhone 7 Plus」用も用意がある。発売と同時に問合せが殺到した大人気商品となっているので、気になる人はチェックしてみるべし!