【レビュー】「シン・フィット」ーー「iPhone 7」のサイズ感を損ねない軽量薄型スリムケース

IPhone 7 Thin Fit Case
iPhone 7」のサイズ感は「iPhone 6s」からは変わっていないが、わずかに数グラム軽くなっている。保護力を高めるためにケースを付ける人が多いとは思うが、見た目にこだわる人もいれば機能性を重要視する人もいる。

僕は本体のサイズ感を損ねたくなるのでケースそのものの軽さと薄さを気にすることが多い。先日、薄型タフケース「リキッド・アーマー」を紹介したが、今回は同じくSpigenから提供頂いた軽量薄型スリムケース「シン・フィット」を紹介する!

薄くて軽いのは正義!見た目はシンプル、指紋は目立つ

こちらが今回紹介する「シン・フィット」。見た目は至ってシンプル。販売されている「iPhone 7」のカラーモデルとマッチしたモデルが用意されている。
IPhone 7 Thin Fit Case
背面にマグネットタイプの車載ホルダー「エアー・ヴェント」が使用できるような隙間が空いている。
IPhone 7 Thin Fit Case
カメラ周り。ジャストフィットで無駄がない。ケース全体としてマット仕上がりで特別なデザインも施されていないので、基本的に指紋が目立つ。手に持つものなので指紋なんて気にするようではスマホなんて持っていられないとは思うが、気になる人は別のカラーや素材を選ぶべし。
IPhone 7 Thin Fit Case
スリープボタン側。
IPhone 7 Thin Fit Case
音量ボタンとマナーモードスイッチ側。
IPhone 7 Thin Fit Case
底面側はこのように大きく開いている仕様。本体上部も同様。保護力よりも軽さや薄さを優先したケースであることが分かる。なお、自宅でで測ってみた結果、重さ16gと出た。めちゃくちゃ軽い。
IPhone 7 Thin Fit Case
ケースの縁は本体よりいも僅かに高さがある机の上に下向きにしておくと細い光の線が見えることから、ディスプレイよりは高さがあることは間違いない。ただし、ここに比較的頑丈で厚みのある保護ガラスなどを貼った場合はディスプレイ側の方が分厚くなる可能性があるので要注意。
IPhone 7 Thin Fit Case
iPhoneをしっかり保護したい、と言うよりはケースを付けていた方が安心する、という人に合うオススメのケース「シン・フィット」。記事執筆時点の価格は1,830円。気になる人は下記からどうぞ!


なお、ジェットブラックを買ったけどケースを付けたいという人、もしくはジェットブラックを書いたかったけどいつまで経ってもこないからブラックに変えたという人、注目。なんとこのケースはジェットブラックモデルも用意されている。今回紹介した「シン・フィット」はブラックでマット仕上がりとなっているが、ジェットブラックは写真を見る限り光沢がありそうな予感。


もう少し保護力を重要視する人は以前紹介した薄型タフケース「リキッド・アーマー」をチェックするべし!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法