【レビュー】Spigenの「iPhone 11 Pro」用ケースを試してみた

発表されてもないのにケースだけ先に買ってみたよ!……ん、てことは正式名称は「iPhone 11 Pro」ということ?

Spigen iPhone 11 Pro Case Review 10

今週中にはついに次期iPhoneの全容が明らかになるが、Spigenが正式発表前であるのにも関わらず「iPhone 11」シリーズ用のケースを販売開始していたので、早々に取り寄せてみることにした。

当然ながら手元に「iPhone 11」の実機はなく、残念ながらモックアップもないが、基本的な筐体サイズは現行モデルを踏襲するとの噂なので「iPhone X」に装着してサイズ感などを楽しんでみることにした。

iPhone XSサイズのモデルの名称は「iPhone 11 Pro」、Appleロゴの位置が合わない

それでは早速ケースを見てみよう。僕が購入したのは「ラギッド・アーマー」。どうやら正式名称は「iPhone 11 Pro」になるそうだ。ちなみに貼られているシールを剥がすと「iPhone 5.8″ (2019)」と書かれていた。
Spigen iPhone 11 Pro Case Review 01

噂通り、カメラユニットの切り込みは正方形となっていて、存在感はあるものの意外と気にならない。Appleロゴの切り込みも用意されているので、「iPhone X」と合うか確認してみよう。
Spigen iPhone 11 Pro Case Review 02

ケースそのもののサイズ感は「iPhone X」とベストマッチだが、Appleロゴが……出ない
Spigen iPhone 11 Pro Case Review 03

「iPhone X」に装着するとデュアルレンズカメラの右側に不自然な空間があり、Appleロゴの位置にAppleロゴが出ない。ただ、その不自然さに目を瞑ればケースとしては特に問題なく使える。
Spigen iPhone 11 Pro Case Review 05

各種ボタンも全く問題なく押すことができたが、マナーモードスイッチ用の穴が明らかに合っていない。位置が変わるのか、形が変わるのか、何かしら現行モデルと比べて変化がありそうだ。
Spigen iPhone 11 Pro Case Review 08

iPhone 11 Pro」のすべては日本時間9月11日2時に明らかに

Spigen iPhone 11 Pro Case Review 09

Spigenのケースが正しい情報をもとに作られているのであれば、以下のことが言える:

  • 次期iPhoneの正式名称は「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max
  • Appleロゴの位置は中央寄りになる
  • 「iPhone 11 Pro」のケースは「iPhone X」および「iPhone XS」でも装着することはできる

答え合わせは日本時間9月11日2時から開催されるスペシャルイベント「By innnovation onlyで明らかになる!Spigenを信じる、という人は一足先に下記よりケースを買って準備しておくべし!

ギャラリー
コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. 通りすがりの読者

    お前…Appleが名前出してくれたことあったのに良いのかよ!
    これは確かにiPadたちのように真ん中Appleマーク来ますね…

「iPhone用ケース・カバー」新着記事
トレンド検索