Apple、日本時間9月11日に「iPhone 11/Pro」を発表へーースペシャルイベントで発表される製品予想まとめ

2019年の新型iPhone発表イベント「By innnovation only」を開催へ

iPhone 2019 Special Event

Appleが、現地時間9月10日午前10時(日本時間9月11日深夜2時)にスペシャルイベント「By innnovation only」を開催する、と正式に発表した。開催場所は「Apple Park」内に建設された1,000人規模のシアター「Steve Jobs Theater」。毎年恒例となっているライブ中継も実施される。

iPhone 11」や「iPhone 11 Pro」および「Apple Watch Series 5」が発表される見通しとなっているが、当日は他にも新しいハードウェアが発表されるかもしれない。以下に2019年9月のスペシャルイベントで披露される可能性のあるハードウェアを載せておく!

9月のAppleスペシャルイベントで予想される発表内容まとめ

新型iPhoneと新型Apple Watchがスペシャルイベントで発表されることはほぼ間違いないと思われるが、当日はそれ以外にも新しいハードウェアが登場するかもしれない。

iPhone 11/Pro

IPhone XI VS iPhone XI Max 5K1 min 1068x601

9月のスペシャルイベントの主役といえば、言うまでもなくiPhone。現時点では「iPhone 11」や「iPhone 11 Pro」などと呼ばれるのではないかと見られ、以下のような特徴を持つと言われている。

  • 基本的に昨年のモデルの後継機種が登場し、3モデル展開に
  • 基本的なデザインは昨年のモデルと同じになりそう
  • カメラの数が増える(デュアルレンズかトリプルレンズに)
  • カメラ性能が良くなる(毎年恒例)
  • A13チップ搭載で性能が向上する(毎年恒例)
  • 電池容量が増えそう
  • Face IDが改良されて認証しやすくなるかも
  • 3D Touchはなくなりそう
  • 背面にあるAppleロゴの位置が下がりそう
  • 双方向ワイヤレス充電機能に対応するかも
  • 電源アダプタが高速充電に対応するかも

新モデルのアピールポイントは進化したカメラになりそうで、レンズが増えることによって今まで撮影できなかったような画角で写真を撮れたり、動画の編集機能が向上したり、暗所撮影が強化されたりしそう。

詳しくは「iPhone 11/Pro(2019年モデル)について今分かっていることすべて」からどうぞ!

Apple Watch Series 5

Ceramic Case Titanium Case Apple Watch 2019

iPhoneに比べて格段に情報が少ないのが「Apple Watch Series 5」。現時点で分かっているのは下記の通り:

  • 名称は「Apple Watch Series 5」になると思われる
  • 40mmと44mmモデルが用意されると思われる(Series 4と同じ)
  • セラミックケースが復活する
  • チタンケースが新登場する

昨年はディスプレイサイズが大きくなるなどメジャーアップデートとも言える進化だったが、2019年は控えめなアップデートになりそう。

Apple独自の紛失防止タグ

Appleは今年4月に独自の紛失防止タグを開発中と言われ、6月には紛失防止タグに関する情報が「iOS 13」のベータ版から発見されている。新型iPhoneと同時に発表される可能性は十分ある。

このデバイスはiPhoneに近づけることによってペアリングされ、いわば「Tile Mate」や「MAMORIO」と同じように動作。iPhoneと連携し、タグを付けたアイテムが一定距離離れると通知される仕組みだと言われている。

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏のレポートによると、紛失防止タグは、超広帯域無線通信(Ultra Wide Band、UWB)に対応する見通し。新型iPhoneも対応することから、一般的な紛失防止タグが採用しているBluetooth LEとWi-Fiよりも遥かに高い精度が実現できると期待されている。(一般的には5メートル単位の精度だが、UWBであれば5〜10センチメートル単位の精度に。)

また、MacRumorsの情報によると、タグ本体はAppleロゴ付きで円形デザインとなっていて、「友達を探す」「iPhoneを探す」を統合した「Find My」アプリ内に追加される専用タブで管理する模様。iPhoneを活かし、紛失したアイテムをARで探しやすくする機能も用意され、本体にはボタン式電池が内蔵される模様。

これらのことから、「iOS 13」を搭載する新型iPhoneと同時に発表する製品としては最適かもしれない。

ドングル型Apple TV

昨年11月、Appleが低価格のドングル型「Apple TV」を開発中であると報じられていた

Appleは今年3月に動画のサブスクリプションサービス「Apple TV+」を発表し、月額9.99ドルで11月にサービス提供開始すると言われている。iPhoneやiPad、Macなどのデバイスでも楽しめるが、やはり自宅にある最も大きい画面で見てもらいたいという思惑はあるはず。

そこで「Apple TV HD」や「Apple TV 4K」の出番となるが、手軽に購入でいるような価格帯ではない。Appleデバイスがない環境でも、テレビがあれば「Apple TV+」を視聴可能にするデバイスが求められる。

そこで、「Apple TV+」の正式なサービス開始時期を発表すると同時に、ドングル型の「Apple TV」ハードウェアを発表する可能性はある。「Fire TV Stick」や「Chromecast」のように、テレビのHDMIポートに挿してUSB電源を確保すれば利用できる仕組みになると期待される。

ただし、「Apple TV+」の開始時期が11月だとすれば、別途10月にスペシャルイベントを開催して発表する可能性の方が高そう。

16インチ型MacBook Pro

MacBook Pro」の16インチモデルが今年発表される可能性は非常に高そうだが、9月に発表されることはないだろう。Appleの主力商品であり新型iPhoneの存在がぼやける上に、一度に発表される新製品に限界があるからだ。

macOS Catalina」の開発ペースからも予想できるように、16インチモデルは10月に別途開催されるスペシャルイベントで披露されると予想される。

10.2インチ型iPadと新型iPad Pro

新しいiPadモデルも近々登場すると噂されているが、これもまた9月ではなく10月のイベントで披露する可能性の方が高そう。

登場が期待されているのは9.7インチモデルを置き換える新しい10.2インチモデル、そしてトリプルレンズカメラを搭載した新しい11インチ型/12.9インチ型「iPad Pro」。

コメントを残す(12件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(12件)
  1. 通りすがりの読者

    MacBook Pro 16inchが9月に出ることは少し懐疑的に見ていますが、Mac Proの発売がUSのAppleサイトに「September(9月)」との表記が一時的にあったため、これに合わせてiPhoneと同タイミングで発表されてもおかしくは無いと考えています。

    1. g.O.R.i

      一時そのような表記もありましたね!ただ、まあ、9月はiPhoneが主役なので、MacBook Proは10月に発表されると思いますよ!また近々当日の発表内容予想を書きますのでご覧くださいませ〜✋

  2. Apple信者 まえしょう

    ドングル型AppleTVは来て欲しいです!楽しみ!

    1. g.O.R.i

      ですよね!でも出るとしたらむしろ10月のイベントとかになりそうな気が……!

  3. アポー

    3Dのロゴだったので、ARグラス?と期待しちゃってる自分がいます。イノベーションという言葉に妙に引っかかるんですよねw

    1. g.O.R.i

      ARガラスは楽しみな新製品の1つですが、やっぱりまだ早い気がしますねぇ、情報も全然ないですし……。イノベーションは、何を指しているんでしょうねぇ🤔

  4. 通りすがりの読者

    ついにこの日がきたか

    1. g.O.R.i

      ワクワクが止まらぬー!!

  5. よーた

    ロゴは、XR後継機種のカラーバリエーションを示唆してるのかなぁ🤔🤔

    1. g.O.R.i

      可能性が高い( •̅_•̅ )

  6. Apple大好きマン

    今年もこの時期がきましたか!
    goriさんは今年も小さいiPhoneですか?

    1. g.O.R.i

      ですね、XSのサイズにしようと思いますー!

「Appleスペシャルイベント」新着記事
トレンド検索